HOME > Micorosoft > 製品情報: Windows Embedded Server

Windows Embedded

Windows Server 2003 / Windows Server 2003 R2
延長サポート終了に備えた対策

(1) Windows Server 2012 R2 for Embedded Systemsへの移行

Windows Server 2003の延長サポート終了に備え、Windows Server 2012 R2 for Embedded Systemsへの移行をおすすめします。ここでは、ファイルサーバーの移行と、仮想化環境への移行による延命についてご紹介します。Windows Server 2012 R2 for Embedded Systemsは、実運用環境を見据えたHyper-Vや大幅に向上したストレージ機能をもつ最新のサーバーOSです。Hyper-Vレプリカ設定の機能も充実し、低コストでの災害対策も可能です。

ファイルサーバーの移行

大幅に機能強化されたWindows Server 2012 R2 for Embedded Systemsと最新のハードウェアを組み合わせることにより、OS標準で高度なストレージ機能を提供します。標準で高度な機能が提供されるため、コスト削減はもちろん、サポートも10年と長期に渡って受けることができ安心です。

Windows Server 2003からの移行は、ファイルサーバー移行ツールキット(FSMT)を使用して行います。共有設定、セキュリティ設定およびユーザーデータファイルの移行が可能です。(Windows Server 2012 R2 へアップグレード可能なOSはWindows Server 2008/2008 R2までのため、Windows Server 2003から直接アップグレードすることはできません。)

ファイルサーバーの移行

移行のメリット

  • OS標準で高度なストレージ機能を保有
    • SMB3.0を使用しているため、SMBファイルサーバー内のファイル参照や保存の速度が大幅アップ
    • 重複排除機能でディスクを節約
         ・物理ディスク内のデータをブロック単位で比較して削除(図1)
  • 階層化ストレージ(図2)
    • 複数台のディスクを組み合わせて仮想的なディスクを構成
    • 高速なSSDと大容量のHDDを組み合わせることも可能
         ・SSD には頻繁にアクセスされるデータを配置し、アーカイブ化したデータは
          HDDに配置


移行のメリット→ 拡大図

仮想化(Hyper-V)機能での移行

既存のWindows Server 2003の資産を仮想上に移行します。物理サーバーを仮想化し(P2V)、最新サーバーOSであるWindows Server 2012 R2 for Embedded Systemsで仮想化統合することで、管理コストが削減できます。

仮想化(Hyper-V)機能での移行

移行のメリット

  • 仮想化対応デバイスによる高速化
    • 直接接続ディスクと同等の速度を実現

      仮想化(Hyper-V)機能での移行のメリット

  • 64ビット版OSで利用可能

仮想最大構成の比較


仮想最大構成の比較→ 拡大図


(2) Windows Server 2003を使い続ける → こちら