HOME > Microsoft > 製品情報: Windows Embedded Compact 7

Windows Embedded

Windows Embedded Compact 7

フットプリントが小さなデバイス向けのリアルタイムOS

Windows Embedded Compact 7はARM、x86、およびMIPSを搭載する、フットプリントが小さな各種デバイス向けのリアルタイムオペレーティングシステムです。
最新バージョンより従来のCEの名称をWindows Embedded Compactに変更し、さらに進化したテクノロジーを搭載してインダストリーオートメーション、流通業界、医療業界において競争力のあるソリューションをご提供します。

Zynq™ All Programmable SoC ソフトウェアサービス for Windows Embeddedを提供開始しました
ザイリンクス社のZynq All Programmable SoCを搭載したリファレンスボードと、Windows Embedded Compact7実装のための国産BSPおよびソフトウェアサポートを、一括でご提供するサービスです。
→詳しくはこちら

Zynq All Programmable SoCリファレンスボード用Windows Embedded Compact 7評価用バイナリー
→ダウンロードはこちら

最新機能CE6.0との比較開発SKU

Windows Embedded Compact 7の最新機能

SMP( Symmetric Multiprocessing Support)
対称型マルチプロセッサに対応し最大250コアまでサポート。新しいマルチコア対応CPUの利点を享受するCPU core management APIを提供。

カーネルの改善
アクセス可能な物理メモリーを最大3GBまでサポート(従来は512MB)。ヒープマネージャーの改修によってフラグメンテーションを減少。

DLNA1.5
全てのネットワーク、ディスカバリー、プロトコルが提供されており、DLNA互換コンポーネントの作成が容易。

Media Transfer Protocol
USBまたはTCP/IPを通じて接続されたデバイスとPC間でデジタルメディア(音楽、ビデオ)の転送が可能。

ドライバーアップデート
● USB Host Controllerの改善  ● 新しい I2C ドライバー  ● 加速度計の対応
● Bluetooth 2.1 +EDR

Internet Explorer for Embedded
新しいInternet ExplorerとしてIE7ベースとなり、パフォーマンスの改善のための機能を一部IE8から追加しています。Flash10.1がOSに同梱されますが、再配布にはAdobe社との契約締結が必要です。


関連情報


メールマガジン

最新情報やキャンペーン情報、各種イベントのご案内を毎月1回E-Mail(テキスト形式)にてお届けしています。
配信お申し込みはこちら