HOME > Microsoft > 製品情報: Windows Embedded Standard 2009

Windows Embedded

Windows Embedded Standard 2009

Windows XP Embeddedの次世代OS
最新のWindowsテクノロジーをコンポーネント化。
短期間での製品開発を可能にします。

最新のデスクトップ技術を組み込み向けにコンポーネント化し、高い生産性を実現する統合開発環境を備えているWindows Embedded Standard 2009。
様々なハードウェアをサポートし、プラットフォームのベースとなる数多くのソフトウェアを提供しているため、製品開発にかかる時間を大幅に短縮できます。

Windows XP 移行サービスをご利用ください
ターゲットデバイスへのWES2009ポーティング作業を技術支援するWES2009移行サービスをご用意しました。詳しくはこちらをご覧ください。

概要要件評価キット

主な製品概要

Windows Embedded Standard 2009

製品パッケージの内容

  • Windows Embedded Standard 2009 DVD-ROM1枚
  • クイックスタートガイド

OS構築ツール

  • Target Analyzer
  • Target Designer
  • Component Designer
  • Component Database Manager

Windows Embedded Standard 2009の機能
Windows Embedded Standard 2009の機能
 = Windows XP Professional SP3 + 新しいテクノロジ + 組込み特有機能

新しいテクノロジ

  • Remote Desktop Protocol 6.1 (RDP6.1)
  • Network Access Protections (NAP)
  • Wi-Fi Protected Access 2 (WPA2)
  • Silverlight 1.0
  • .NET Framework 3.5
  • Windows Media Player 11
  • Internet Explorer 7
    ・・・ ※一部SP3に含まれている機能あり

組込み特有機能

  • Enhanced Write Filter(EWF)
    ストレージへの書き込みを他の記憶領域にリダイレクトし、ストレージ内容を保護 (ボリューム単位)
  • File-Based Write Filter(FBWF)
    ストレージへの書き込みをRAMにリダイレクトし、ストレージの内容を保護 (ファイル / フォルダ単位)
  • USBブート
    USBメディアからシステムを起動
  • Remoteブート
    ディスクレスのシステムを構成可能
  • Hibernate Once Resume Many(HORM)
    常に休止からの再開状態で起動し、起動時間を短縮 (休止ファイルの再利用)
  • Device Update Agent(DUA)
    OSをリモートでアップデート (ファイルやレジストリの更新)
  • Message Box Default Reply
    メッセージボックスの表示をコントロール

実績ある安定性で豊富な先進機能をコンポーネント

Windows Embedded Standard 2009は、最新のデスクトップOS Windows XP Professional SP3をベースにコンポーネント化したものです。開発者は最新のブラウザ、ネットワーク機能、マルチメディア技術などの豊富な機能を実装することができます。

必要な機能だけを備えたOSの構築が可能。

12,000個以上にコンポーネント化された“Windows XP Professional SP3 +新しいテクノロジ + 組込み特有機能”の中から、開発するデバイスに必要となる機能だけを選択することができます。不要な機能を加えないことによって、小さいソフトウェア(OS)サイズを構築可能です。

高いパフォーマンスと、最新のセキュリティを両立

Windows Embedded Standard 2009の大きな特徴の1つが、実績ある Windows XP Professional SP3のコードベースであること。Windows XPカーネルが持つ、高いパフォーマンスと最新のセキュリティを組み込みデバイスに実装することができます。

製品のタイムリーな市場投入を実現

Windows Embedded Standard 2009には、Windows Embedded Studioと呼ばれるターゲットOSイメージを構築するための統合開発環境が含まれています。ターゲットに必要となるコンポーネントの自動解析、解析結果に基づくOS構築、ユーザーが開発したデバイスドライバ、アプリケーションなどのコンポーネント登録、管理が効率よく行えます。これにより、短期間での製品開発を実現できます。
また、Multilingual User Interface (MUI)で日本語を含む24カ国言語をサポートしており国際市場に対してもタイムリーに製品を投入できます。

関連情報


メールマガジン

最新情報やキャンペーン情報、各種イベントのご案内を毎月1回E-Mail(テキスト形式)にてお届けしています。
配信お申し込みはこちら