HOME > Microsoft > 製品情報:Windows Embedded 8 Standardy

Windows Embedded

Windows Embedded 8 Standard

Windows 8の最新テクノロジーを、専用デバイス向けに最適化できる開発型OS

Windows Embedded 8 Standardは、一般のPC向けのWindows 8をベースにした、専用機器向けに最適化が可能な開発型OSです。部品化されたWindows 8の豊富な機能の中から、必要な機能を選択してOSイメージを構築します。また、PC向けのWindows では提供されない組み込み機器向けの拡張機能(ロックダウン機能、ブランディング機能)の利用が可能です。

Windows Embedded 8 Standardの新機能
資料ダウンロードは >>こちら
各機能を目で見て確かめる動画は >>こちら

Internet Explorerの脆弱性に対応したセキュリティアップデートについて→こちら

不要な操作を制御する“ロックダウン”

ユーザーに限られた操作だけを許可し、不要な操作によるトラブルを防ぎます。

機能 内容
Write Filter 任意のハードディスクドライブへの書き込みを抑制
Gesture Filter ジェスチャー操作の制御
Dialog Filter ダイアログ、メッセージボックスの制御
Keyboard Filter キーボード操作の制御、キーコンビネーションの無効化
Embedded Lockdown Manager 各種フィルターの設定をリモートで管理

Windowsであることを意識させない“ブランディング”

Windows搭載を気づかせず、オリジナルの製品展開に役立ちます。

機能 内容
Boot Experience ブート時、レジューム時の画面イメージを変更
Embedded Logon ログオン、シャットダウン時のUIを変更
Shell Launcher ユーザー、グループ毎に別々のシェルを指定

デバイスの開発期間を短縮

開発ツールを利用して、OSランタイムイメージの構築期間を短縮できます。開発ツールはマイクロソフト社のサイトより、無償でダウンロードできます。

開発ツールダウンロードサイトはこちら

Image Builder Wizard (IBW)

ターゲットデバイスに、ウィザード形式でOSを手動インストールするためのツールです。ウィザードの手順に従い、OSランタイムイメージを構築していきます。言語設定、タイムゾーン設定、およびモジュールの選択によりOSランタイムイメージをカスタマイズすることができます。

Image Builder Wizard (IBW)
    IBWの起動画面        テンプレートの選択      モジュールの選択

Image Configuration Editor (ICE)

開発マシンでOSイメージをカスタマイズするためのツールです。高度なカスタマイズが必要な場合に利用します。各種ランタイムイメージの構成を応答ファイル(xmlファイル)として作成し、IBW等で応答ファイルを読み込むことで自動インストールを行うことができます。

Image Configuration Editor (ICE)
ICEによるOSランタイムイメージ構築画面

*WEDU(Windows Embedded Developer Update)設定ガイド
WEDUとは、ネットワーク経由でICE開発環境を最新に保つための機能です。WEDUの設定ガイドをご用意しております。
WEDU(Windows Embedded Developer Update)設定ガイド
資料ダウンロード

Module Designer

自社開発あるいはサードパーティ製のアプリケーションやドライバーを、Module Designerを使ってモジュール化(部品化)してIBWやICEに読み込ませます。

Module Designer

開発ツールのシステム要件

項目 スペック
CPU 1GHz以上の32bitまたは64bitプロセッサ
システムメモリ 1GB (32bit)
2GB (64bit)
ドライブ容量 8GB以上の空き容量
ソフトウェア Microsoft .NET Framework 2.0以降
MSXML 6.0以降
その他 DVD-ROMドライブ
ネットワーク接続

関連情報


メールマガジン

最新情報やキャンペーン情報、各種イベントのご案内を毎月1回E-Mail(テキスト形式)にてお届けしています。
配信お申し込みはこちら