HOME > イベント・セミナー

イベント・セミナー

組込み機器開発におけるデバッグ手法、及び、OSイメージの複製方法

  • セミナー概要:
    近年組み込み市場は、短い開発期間で高い品質の製品が求められる反面ソフトウェアのコード量は年々増加しており、より複雑化する傾向にあります。このため、開発の効率化が重要な課題となっており、開発におけるデバッグ手法の認知は非常に重要視されております。
    本セミナーではマイクロソフト株式会社のプレミアムサポートサービスで実際にOEM様の問題を解決されている担当者をお招きして、WinDBGに代表されるデバッグツールのご紹介からサンプルを用いたデバッグ手法についてご紹介します。

    また、Windows Embedded OSを搭載した組み込み機器を量産する過程においてOSイメージの複製、リカバリディスクの作成といった工程が必要となります。後半のセッションでは、これらの工程を実施する最も確実で簡単な方法としてSymantec Ghostを用いた手法をご紹介します。

協力:マイクロソフト株式会社株式会社ケイ・ジー・ティー

セミナースケジュール
13:30 - 13:45

東京エレクトロンデバイス ご挨拶・Company Over View

13:45 - 15:00

WinDBGに代表されるデバッグツールのご紹介
(マイクロソフト株式会社 プレミアムサポートサービス担当)

15:00 - 15:15 休憩
15:15 - 16:30

サンプルを用いたデバッグ手法のご説明
(マイクロソフト株式会社 プレミアムサポートサービス担当)

16:30 - 16:45

休憩

16:45 - 17:45

Symantec Ghostを用いたOSイメージの複製方法のご紹介
(株式会社ケイ・ジー・ティー Symantec担当)

17:45 - 18:00

質疑応答

※内容は変更する可能性がございます。
※諸事情により開催を延期、もしくは中止する場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※本セミナー、定員制となっておりますため、お申込み多数の場合は、申し訳ございませんが、お申込み頂いてもセミナーにご参加頂けない場合がございます。 その際は事前に御連絡させて頂きますので、予めご了承の程宜しくお願い申し上げます。

本セミナーは終了しております。