HOME > イベント・セミナー

イベント・セミナー



本セミナーは終了しました。


Windows 7の後継バージョンであるWindows 8 をベースとした組み込み用次期OS “Windows Embedded Standard 8” (WES8) のCTP版が発表されました。本セミナーでは、x86、x64に加えてARMをサポートし、Windows Phoneで採用されているMetro UIを搭載したこのWES8に関する最新の技術情報やWindows 7からの移行方法等を、デモを交えてご紹介します。また、Windowsに新しい操作性を提供するKinect for Windowsにつきまして、デジタルサイネージへの応用例とともにご紹介いたします。


日時・場所 【東京】
2012年3月30日 (金) 14:00-17:00
東京エレクトロンデバイス 新宿オフィスセミナー室 (定員40名)
【大阪】
2012年4月12日 (木) 14:00-17:00
東京エレクトロンデバイス 大阪オフィスセミナー室 (定員20名)
参加費 無料(事前登録制)
主催 東京エレクトロン デバイス株式会社
協力 株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ、株式会社ゴーガ

セミナースケジュール (受付開始:13:30)
14:00-14:15

ご挨拶・組み込み用Windows Embeddedライセンスについて

14:15-15:00

Windows Embedded Standard 8(CTP版)
機能説明およびデモンストレーション

Windows Embedded Standard 8 CTP版入手のためのエントリー方法から、インストール手順、OSの構築方法、ターゲットの起動方法まで、デモを交えながらご紹介します。

15:00-15:10

休憩

15:10-15:55

Windows 8 Metro Style UIを見据えたアプリケーション開発

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 杉本 拓也 様

Consumer Previewが提供され始めたWindows 8。すでに発売されているWindows Phone 7。今後のWindows UIでは、Metro UIが主流となっていくと思われます。
本セッションでは、既存のWindowsアプリケーションをこのMetro UIへマイグレーションするための方法も含めた、Windows Phone 7 / Windows 8のMetro アプリケーションの開発手法をご紹介します。

15:55-16:40

次世代サイネージを実現するKinect for Windows

株式会社ゴーガ 代表取締役 小山 文彦 様

Xbox 360で登場してデジタルサイネージ業界に新風を巻き込んだKinect for Windows。本年2月より、いよいよその商用利用が可能となりました。手振りや音声で操作できることにより、まったく新しいデジタルサイネージソリューションの誕生が期待されます。そこで、株式会社ゴーガ様よりKinect for Windowsの特徴と可能性、および関連ソリューションについてご紹介いただきます。

16:40-17:00

質疑応答

※プログラムの内容・スケジュールにつきましては予告無く変更される場合があります。