HOME > イベント・セミナー

イベント・セミナー

本セミナーは終了しました。
セミナー資料ご希望の方は、フォームよりお申し込みください。

  • Windows Embeddedについて
  • Windows 8 Metro Style UIを見据えたアプリケーション開発
  • Kinect for Windows の特徴と具体的な利用例のご紹介
資料ダウンロード

※Zynq搭載ボードのご紹介資料をあわせてご希望の場合は、
請求フォーム内のコメント欄に「Zynq搭載ボード資料も希望」とご記入ください。


以下の資料のみご希望の場合は、こちらからお申込みください。

  • Zynq搭載リファレンスボードによるWEC7評価環境のご紹介
資料ダウンロード

※上記フォームは全般お問い合わせフォームとなりますので、
請求フォーム内のお問い合わせ内容欄へ「5/11 Microsoftセミナ資料希望」とご記入ください。

今後の組み込みシステム開発のために、次世代Windowsの組み込み版から注目のCPUまで、最新情報をお持ち帰りいただけるセミナーです。
次の3つのトピックスをご紹介します。

・Windows Embedded Standard 8の技術情報とメトロUIへの移行方法
・Kinect for Windows − 新しい操作性と、その具体的な利用例
・Compact 7が評価可能なザイリンクス社Zynq搭載リファレンスボードのご紹介

セミナー終了後にはお弁当もご用意しております。
ESECにお出かけになる前に、ぜひ本セミナーにお立ち寄りください。


日時 2012年5月11日(金) 10:30〜13:00
場所 有明フロンティアビル A棟4階 会議室大
定員 50名
参加費 無料(事前登録制・お弁当付)
主催 東京エレクトロン デバイス株式会社
協力 日本マイクロソフト株式会社、
ザイリンクス株式会社(代理店: ECプロダクト統括本部 PLD事業部 PLD部)、
株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ

セミナースケジュール (受付開始:10:00)
10:30-11:00

ご挨拶・Windows Embeddedについて

11:00-11:45

Windows 8 Metro Style UIを見据えたアプリケーション開発

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 杉本 拓也 様

既存のWindowsアプリケーションを、今後主流になっていくと思われるMetro UIへマイグレーションするための方法を含めた、Windows Embedded Standard 8のMetro アプリケーション開発手法をご紹介します。

11:45-11:55

休憩

11:55-12:30

Kinect for Windows の特徴と具体的な利用例のご紹介

手振りや音声で操作できるKinectは、これまでになかったアイデアで、新しい市場開拓の可能性を広げます。本セッションでは、具体的にアイデアを形にされているパートナー会社のソリューションとともにご紹介します。

12:30-13:00

Zynq搭載リファレンスボードによるWEC7評価環境のご紹介

東京エレクトロンデバイスでは、Windows Embedded Compact7(WEC7)の評価可能なソリューションのうち、FPGAメーカーであるザイリンクス社が提供する、注目のARMプロセッサー内蔵のFPGA「Zynq」を搭載した評価用ボードをご紹介します。

※プログラムの内容・スケジュールにつきましては予告無く変更される場合があります。