HOME > イベント・セミナー

イベント・セミナー

モーションセンサーデバイス活用セミナー

本セミナーは終了しました。


マイクロソフト社 Kinect for Windows (※1) やインテル社 Perceptual Computing SDK (※2) など、距離画像カメラを利用した様々なモーションセンサーデバイスが登場し、非接触操作による次世代のユーザインタフェースやNUI(ナチュラルユーザインタフェース)を実現するデバイスとしての活用が注目されています。
本セミナーでは、各種モーションセンサーデバイスの機能を比較し、これらのデバイスが組み込み機器との組み合わせでどのように活用できるのか、活用事例や最新情報をご紹介します。

また、インテル社がワールドワイドで展開しているアイデアコンテスト Perceptual Computing Challenge(※3) についてもご案内いたします。
Perceptual Computing SDK に対応したジェスチャーカメラ開発キット(※4)が当たる抽選会も実施しますので、是非ご参加ください。


    資料ダウンロード
  • 日時:2013年6月5日(水) 15:00〜17:10(受付開始 14:30)
  • 場所新宿パークタワー コンファレンスルーム Room2
        新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワーN棟24階
  • 定員:70名
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 主催:東京エレクトロン デバイス株式会社
セミナースケジュール  (受付 14:30)
15:00-15:10

ご挨拶、本日のセミナーについて

15:10-16:00

各種モーションセンサーデバイスのご紹介、機能比較
中村 薫氏 (Microsoft MVP for Visual Studio ALM)
著書: Kinect for Windows SDKプログラミング C#編/C++編(秀和システム)、他

16:00-16:20

Intel Perceptual Computing SDKの最新情報とコンテストのご案内
インテル株式会社 インテル技術本部 統括部長
亀井 慎一朗氏
インテル株式会社 ソフトウエア技術統括部 アプリケーションエンジニア
竹内 康人氏

16:20-17:00

組み込みシステムに最適なIntel CPUとWindows Embedded OSのご紹介
東京エレクトロン デバイス株式会社 エンベデッドソリューション部
茂出木 裕也 (Microsoft MVP for Windows Embedded)

17:00-17:10

質疑応答、抽選会

内容は変更になる場合があります

(※1)Kinect for Windows とは?
http://www.microsoft.com/en-us/kinectforwindows/

(※2)Perceptual Computing SDK とは?
http://software.intel.com/en-us/vcsource/tools/perceptual-computing-sdk

(※3)Perceptual Computing Challenge とは?
インテル社がワールドワイドで公募しているPerceptual Computing SDKによるアプリケーション開発コンテストです。
・まずはアイデアを応募してください。(応募締切2013年6月17日)
・アイデアが選ばれたらアプリケーションを開発してください。(6月24日〜8月12日)
・大賞には$100,000の賞金+$50,000のマーケティング費が授与され、インテル社による開発コンサルティングが受けられます。
その他、各賞あわせて総額1億円が用意されています。
詳細は応募サイト(英語)をご覧ください。(ご覧になるには指定のブラウザが必要です)
https://perceptualchallenge.intel.com/

(※4)Creative* Interactive Gesture Camera Developer Kit
http://click.intel.com/intelsdk/Creative_Interactive_Gesture_Camera_Developer_Kit-P2061.aspx