HOME > イベント・セミナー

イベント・セミナー
Windows Embedded MVPが解説するWindows Embedded 8.1 Industryで広がるデバイス開発の可能性

本セミナーは終了しました。


10月18日に提供開始となりましたWindows Embedded 8.1 Industryは、PC用Windows 8.1と同様の機能に組み込み向け機能が加わるなど、より開発しやすいOSになっています。
小型デバイス向け最新OSであるWindows Embedded Compact 2013の情報とあわせて、開発のヒントとなる最新情報をWindows Embedded MVPが解説します。
また、延長サポート終了まで半年を切ったWindows XPの移行に関するノウハウもご紹介します。
本セミナーで情報収集していただき、デバイス開発のヒントを見つけてください。

*セミナー終了後にはお弁当を用意しております。


セミナースケジュール  (受付 10:00)
10:30〜10:45

ご挨拶、Windows Embeddedとは

10:45〜11:25

Windows Embedded OS最新情報
東京エレクトロン デバイス株式会社
Windows Embedded MVP 石黒 一敏

Windows Embedded 8.1 Industryには、PC用OSと同様の機能に組み込み向け機能が加りました。また、Windows Embedded Compact 2013は、軽量で小型デバイスのサポートに理想的です。最新OS情報を整理してご説明します。

11:25〜11:35

休憩

11:35〜12:15

Windows XP Proからの移行に関するノウハウ
東京エレクトロン デバイス株式会社
Windows Embedded MVP 茂出木 裕也

既存のXPベースのシステムを継続して利用したい、XP搭載装置を出荷し続けたいといったニーズに対し、XPと互換性があり長期供給が可能なWindows Embedded Standard 2009 (WES2009)への移行をご提案します。WES2009は 2019年1月まで延長サポートが継続され、2024年1月までライセンスの購入が可能な組み込み機器向けのOSです。
XPからWES2009への移行する際のポイントを解説すると共に、開発エキスパートが移行をご支援する「XP to WES2009マイグレーションサービス」をご紹介します。

12:15〜12:45

Zynqを最大限に利用するためのWindow Embedded Compact 2013ノウハウ
株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ
Windows Embedded MVP 杉本 拓也 様

東京エレクトロンデバイスがZynq-7000 All Programmable SoC向けに開発したオリジナルBSPをご紹介するとともに、Zynqを最大限に利用するためのWindows Embedded Compact 2013の構築ノウハウを解説します。

12:45〜13:00

質疑応答

内容は変更になる場合があります

 

本セミナーは終了しました。