HOME > イベント・セミナー

イベント・セミナー

Windows Embeddedセミナー
〜4月の最新アップデート情報とともにご紹介〜

本セミナーは終了しました。


この4月、Windows Embedded 8.1 Industryのアップデートにより組み込み機器開発に有効な機能がより使いやすくなりました。専用用途サーバ向けのSQL Server 2014 for Embedded Systemsも、4月より一般公開されています。

本セミナーでは、Windows Embedded OSの最新アップデート情報をお届けするとともに、Windows Embedded Compactの開発手法や組み込み機器向けセキュリティなど、組み込み機器開発に有効な情報をまとめてご紹介します。

セミナー終了後にはお弁当をご用意しております。
ESECにお出かけになる前に、ぜひ本セミナーにお立ち寄りください。


  • 日時:2014年5月16日(金) 10:30〜12:50 (受付開始10:00、終了後ランチ)
  • 場所有明フロンティアビル A棟4階 会議室大
  • 定員:50名
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 主催:東京エレクトロン デバイス株式会社
  • 協賛:株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ、京都マイクロコンピュータ株式会社
セミナースケジュール  (10:00〜受付)
10:30−10:45

ご挨拶

10:45−11:15

Windows Embedded 最新アップデート情報
Windows Embedded 8.1の最新のアップデートでは組み込み機器向けの機能が強化され、より使いやすくなりました。
その他、サーバー製品のSQL Server 2014の新機能の紹介なども含め、組み込み機器に最適なWindows Embeddedファミリー全般の最新情報をご紹介します。

東京エレクトロン デバイス株式会社

11:15−11:25

休憩

11:25−12:10

Windows Embedded Compactの開発手法と事例紹介
Windows Embedded Compact (WEC)の開発およびデバッグ手法をご紹介します。具体的には、ザイリンクス社のZynq-7000 All Programmable SoC 対応の“国産BSP”を用いたWECの開発手法、並びにICEを使ったデバッグ方法をご覧頂き、WEC2013を搭載したリモート制御ソリューションをご紹介します。

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 様
京都マイクロコンピュータ株式会社 様
東京エレクトロン デバイス株式会社

12:10-12:40

XPサポート終了後のデバイス保護にも有効!
McAfeeのエンベデッドセキュリティ

限定的なネットワーク接続が前提であった組み込みデバイスも、USBや無線LAN等からウィルスが蔓延するリスクが避けられなくなってきています。マルウェア対策、システム変更履歴の管理など、組み込み機器のセキュリティ問題を解決し、Windows搭載デバイスに採用がひろがるMcAfee社のセキュリティソフトウェアをご紹介します。

東京エレクトロン デバイス株式会社

12:40−12:50

質疑応答

 

本セミナーは終了しました。