HOME > ソリューション > 東京エレクトロンデバイスのネットワークKVM

ソリューション

対象デバイスのCPUに負担をかけずにリモート制御を可能にする
東京エレクトロンデバイスの遠隔制御ユニット「Falcon Link」

現場のシステムをリモートで制御できれば、稼働状況をチェックできたり、遠隔地まで足を運ばずにメンテナンスができたりと、様々なメリットがあります。しかし、リモート制御の技術には、それぞれ課題があります。

  • Microsoft RDP(Remote Desktop Protocol)
    ネットワークに接続しているコンピューターのデスクトップにアクセスし、制御できる機能。リモート接続先はWindowsに限定される。リモート転送中は現場のデスクトップがログオフされ参照できない。
  • VNC(Virtual Network Computing)
    ネットワークに接続しているコンピューターを遠隔操作するためのリモートデスクトップソフト。複数種類のOSで利用できるが、リモート接続先のCPUを利用するため、システムへの影響が課題となることが多い。
  • KVM
    ハードウェアでの転送であり利用が多いが、全ての操作が可能であることが安全面およびセキュリティ面で課題となる。

そこで、東京エレクトロンデバイスでは、コントローラのCPUに負担をかけずに安全に画面転送や遠隔操作が行えるユニット「Falcon Link」をご提案します。

<Falcon Linkの構成>
受信機、送信機の組み合わせでご提供します。
ハードウェアとソフトウェアをご用意しており、ハードとソフトの組み合わせでもご利用いただけます。(CPUに負荷をかけたくない監視対象システム側にはハードウェアの送信機を利用し、監視を行うクライアント側では一般PCに受信表示ソフトウェアをインストールする、といった利用が可能です。)

受信機能
・ ネットワークからの画像データ受信
・ データの解凍
・ 表示
・ 操作の送信

送信機能
・ 対象となる画像のキャプチャ
・ 変化点の適切な抽出
・ 画像データに合わせた圧縮選択
・ 受信機から送られてくる操作を、対象に変換・転送

<Falcon Linkの特徴>

  • CPU負荷無し
    VNCなどソフトウェアを用いたリモート制御はCPUパワーを必要とし、組み込み機器本来のパフォーマンスの低減を招きますが、Falcon LinkはコントローラのCPUに一切負荷をかけずに、画像配信や遠隔操作が行えます。
  • 導入のしやすさ
    対象デバイスに接続するだけで(RGB+USB)、対象のリモート制御が可能です。対象デバイスのOSにも依存しないため、BIOS画面も制御可能です。
  • カスタマイズ
    ネットワーク負荷を軽減するための転送性能チューニングや、利用する環境に応じたセキュア通信の導入など、個別にカスタマイズできます。
  • インテリジェント
    リモートデスクトップでは実現できないインテリジェント性を持ちます。
     - 1台で複数台をリモート制御
     - ブラウザによる集中監視
  • 安全性
    現場の見えない遠隔地からのリモート制御は、危険を伴うことがあります。Falcon Linkではリモート/ローカルの切り替えスイッチ信号をシリアルI/Fで受けることができ、ローカル(現場)の安全性を考慮しています。

そのほかにも、Falcon Linkには次のような特徴があります。
・画質調整可能
・高パフォーマンス
・低遅延
・USB/232c等の対応
・クライアントレス
など


>>拡大図はこちら


<一般的なKVMとの違い>

  • FPGAとWindows Embedded Compact 2013によるカスタマイズ性
    システムや現場に応じた柔軟なカスタマイズができ、機能の追加や更新も可能です。
  • ティーチング機能
    リモート操作を“させたくない画面”をティーチング。リモート操作では危険な作業を抑止することができますので、安全面やセキュリティ面で安心です。
    またリモート操作、ローカル操作の排他を実現可能です。


>>拡大図はこちら


<ご利用シーン>
IA/FA、デジタルサイネージ、リテール、オフィスなど、さまざまシーンでご利用いただけます。

利用例1:多台数接続によるPC操作
Falcon Linkの先にVGA/Key切り替え機を接続すれば、本BOX1台で、多数のPCを制御することができます。


                        >>拡大図はこちら

利用例2:小売業向けePOPシステム
Falcon LinkをPCに接続し、安価な専用受信機を売り場に設置してコンテンツを配信すれば、ePOPシステムとしてご利用いただけます。

〜ポイント〜
・ PC以外にも、キャプチャI/Fを変更することでDVD/BDなどの動画も配信可能(非保護コンテンツ)
・ 受信機は安価な端末でOK
・ 音声の転送も可能


                        >>拡大図はこちら

お問い合わせ先