HOME > ソリューション > エンタープライズITとWindows Embedded OS搭載組み込み機器の一元管理

ソリューション

エンタープライズITとWindows Embedded OS搭載組み込み機器の一元管理

増え続ける組み込み機器の管理の手間を省くには

Windows Embedded OSは様々な分野の組み込みデバイスに搭載され、管理しなければならないデバイス数は増え続けています。そこで、メンテナンスやアップグレードのための手間をいかに省けるかが重要になってきています。

マイクロソフト社からは、ソフトウェアの自動展開とIT資産情報の収集を行うSystem Center Configuration Manager(SCCM)と呼ばれる管理ソリューションが提供されており、このSystem Centerを使って多くの企業のIT管理が効率的に運用されています。

System Center Configuration Manager 2007 R2
  (ソフトウェアの自動展開とIT資産情報の収集)

しかし、SCCMに組み込みデバイスの管理を統合すると、以下の点が問題になります。

[問題1]
・組み込みデバイスが認識できない可能性がある
・認識されても組み込みデバイスではなく、通常のWindows PCとして扱われてしまう

[問題2]
・Windows Embedded OSの特徴であるEWF(Enhanced Write Filter)*1が簡単に制御できない
・更新を行ってもEWFで保護されているシステムは再起動によって更新前の状態に戻ってしまう

*1 EWF(Enhanced Write Filter):ストレージへの書き込みを他の記憶領域にリダイレクトし、ストレージ内容を保護 (ボリューム単位)する機能。FBWF(ファイル、フォルダ単位)も同様です。

これを解決するのがWindows Embedded Device Manager(WEDM)です。既にSystem Centerを導入している企業であれば、WEDMデバイスを即一元管理可能です。WEDMはSystem Centerの拡張機能として提供されます。デバイス側にあらかじめWEDMを搭載して出荷しても、ライセンス費用は発生しません

WEDMをデバイスに組み込んで、カタログスペックにぜひ「Mirosoft WEDM搭載」とご記入ください!

Windows Embedded Device Manager(WEDM)2011で提供する機能と利点

  • ソフトウェア配布と、更新を総合管理可能
    • 管理の容易性:PC、サーバーと同様に管理ができる
    • 自動的にデバイスタイプごとにコレクションに集約(図1参照)
    • Write Filterのハンドル(図3参照)
  • ITインフラ環境に合わせた最適な分析とコントロール
    • System Center Configuration Manager 2007コンソールでWindows Embedded デバイスも管理可能(図2参照)
    • リッチな資産管理環境の提供
    • 容易、柔軟なプロビジョニングにより、シンプルかつ一括的に、組み込みデバイスのコンプライアンス準拠なども管理可能
  • デバイスへの統合
    • プレイストール可能かつ、管理拡張も可能
    • 展開デバイスへのカスタムイメージ展開の組み込みが可能

(図1)自動的にデバイスタイプごとにコレクションに集約
自動的にデバイスタイプごとにコレクションに集約
→拡大図


(図2)System Center Configuration Manager 2007コンソールでWindows Embedded デバイスも管理可能
System Center Configuration Manager 2007コンソールでWindows Embedded デバイスも管理可能
→拡大図


(図3)Write Filterのハンドル
1. WEDMからWrite Filtersを無効にする指示を出す
WEDMからWrite Filtersを無効にする指示を出す


2. Write Filtersを無効にする
Write Filtersを無効にする


3. システムのアップデートを行う
システムのアップデートを行う


4. 再びWEDMから指示を出し、Write Filtersを有効にする
WEDMからWrite Filtersを無効にする指示を出す


WEDMについては、こちらの資料でもご紹介しております。

Windows Server とつなげよう! エンベデッドクライアントの完全活用術
(ET2011 日本マイクロソフト プライベートカンファレンスでの発表資料)

(内容)
Embedded OEM ライセンスとは
  - Embedded OSを選択する理由
組み込み専用機能
  - EEF(Embedded Enabling Feature)とThinClientへの応用
組み込みデバイスの管理
  - 独自の閉じた環境
エンタープライズ(企業)におけるIT管理
  - SCCM(System Center Configuration Manager)のご紹介
エンタープライズと組み込みの一元管理
  - WEDM(Windows Embedded Device Manager):デバイスマネージャのご紹介

資料ダウンロード

お問い合わせ先

Windows Embedded Device Managerによる組み込み機器アップデートのデモを見る