HOME > トレーニング

トレーニング

<導入コース>
Windows XP Embedded (XPE) /
Windows Embedded Standard 2009 (WES2009)

開発ツールご購入キャンペーン!
弊社より"Windows XP Embedded または Windows Embedded Standard 2009の開発ツール"をご購入頂きましたお客様は導入コースを『無償』でご参加頂けます。※1、※2
※1 開発ツール1式のご購入につき、1名様迄無償。
※2 ご購入後、3ヶ月以内のご受講とさせて頂きます。尚、弊社都合により、ご受講頂けない場合はこの限りではございません。

日時 定員 受講費 場所
2015年6月30日(火) 大阪
受付を締め切りました
5名 無償 ※1
(\39,800 税抜)
大阪会場
弊社大阪オフィス

東京会場
弊社新宿オフィス

*2名以上のお申込みが無い場合は開催を延期させて頂きます。

概要/目標

  • XPE / WES2009の機能全般の理解。
  • Target Designerと Target Analyzerの使用方法の習得。
  • OSイメージのカスタマイズとビルドの基本テクニックの習得。
    (Enhanced Write FilterやRemote Desktopの使用)
  • OSイメージのビルド・起動(FBA等)・展開についての理解。
  • コンポーネントの作成は中級コースで行います。

必要な知識

  • Windowsのインターフェースに熟達されている方。
  • コンピューターのハードウェアに関する一般的な知識を有する方。
  • プログラミング経験を有する事が望ましいですが、必須では有りません。
  • 当トレーニングコースは、幾つかのモジュールについてソースコード(XMLなど)を参照する事がありますが、コードの記述は有りません。
  • WindowsNT/2000/XPの一般的な知識(レジストリ、ページファイル、ユーザー管理、ネットワーク)を有する方。

お申し込みはこちら

開催日の一週間前(月曜日開催の場合、前の週の月曜日)までにお申し込み数が定員に満たなかった場合は、開催を延期、もしくは中止させていただく場合がございます。
最終の開催予定状況につきましては、一週間前にメールにてご連絡します。

スケジュール

(※導入コース(無償)と導入コース(有償)は同じ内容となります。)

1.マイクロソフト社のXPE / WES2009のご紹介 (30分)

  • 設計ゴール
  • Windows CEとの比較
  • システム要求仕様

2.ビルドのプロセス (50分)

  • Target Analyzerを用いたコンフィグレーションの生成
  • ベースコンフィグレーションに対する機能追加
  • カスタムコンポーネントの生成
  • データベースへのコンポーネントの登録
  • OSイメージのビルドと展開

3.Target Designer と Target Analyzer (40分)

  • Target Analyzerを使ったハードウェア情報の取得
  • Target Designerを使ったコンポーネント依存関係の解決

★演習 (50分・休憩込み)

  • Target Analyzer(TA.exe・TAP.exe)使用方法
  • Target Designer操作方法

4.OSイメージのビルドと展開 (40分)

  • ビルド時のオプション
  • ビルドプロセス
  • ターゲットメディアの準備
  • OSイメージの展開

★演習 (60分・休憩込み)

  • ターゲットのビルドと起動方法

5.Windows XP Embedded が実現する組み込みコンポーネント (40分)

  • ヘッドレスオペレーション
  • システムメッセージインターセプション
  • エンハンスドライトフィルター
  • リモートマネージメント
  • シェルのカスタマイゼーション

★演習 (90分・休憩込み)

  • 容量の削減例
  • Enhanced Write Filter使用方法
  • Remote Desktop使用方法

6.質疑応答

※内容は変更する可能性がございます。
※諸事情により開催を延期、もしくは中止する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▲TOPへ