理想のIoTサービスをいち早く実現する クラウドAI・IoTソリューション Microsoft Azure

理想のIOTサービスをいち早く実現する
クラウトAI・IOTソリューション
Microsoft Azure
Cloud AI ・IoT ソリューション Microsoft Azure
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. クラウド AI・IoT ソリューション
    Microsoft Azure
  3. ソリューション
  4. 装置の故障予知
  5. MMPredict

装置の故障予知

株式会社YE DIGITAL

故障予知サービス

MMPredict

手早く始める、使いながら育てる、故障予知サービス

MMPredictはAIを用い正常状態をモデル化することで故障予兆を検知するサービスです。異常を学習させるより手間を掛けずに導入可能。使いながら精度を向上させることが可能です。

特徴

  • 正常状態をモデル化することで故障の予兆を検知。異常データ収集が不要で短いリードタイムで導入が可能。
  • 検知した予兆に関する各センサの寄与度情報を表示。お客様による故障箇所推定を支援。
  • AI予兆結果に技術者の知見を追加可能。使用しながら検知精度向上が可能。

概要

MMPredictは、YE DIGITALのIoTプラットフォーム「MMCloud」などのデータ蓄積システムと連携し、蓄積データを機械学習することで、故障予兆を検知し、異常に起因する箇所を推定し通知するサービスです。予知保全の実現を支援することで、製造計画に合わせた効果的な対策を打つことが可能となり、保守コスト削減につなげることができるほか、製造ロスの発生を抑止します。
また、特許出願中の知見追加機能により、使いながら検知精度を高めることが可能です。

正常状態から故障予兆を検知

MMPredictでは、複数データの相関関係に着目し正常状態を機械学習させることで、正常モデルを作成し、故障予兆の検知を行います。従来の異常を学習させるモデルでは、検知したい故障を含む膨大なデータを収集し学習させる必要がありましたが、MMPredictでは異常データの収集が不要なため、短いリードタイムで導入が可能となります。

主な機能

  • 故障予兆検知
  • 予兆検知のメール通知
  • 故障箇所推定支援
  • 知見追加学習

選べる3つのモデル

それぞれ専用のアルゴリズムを適用することで、精度の高い予知を実現します。

  • モータモデル
  • プロダクトモデル
  • プランドモデル

こんな課題を解決

効果

異常を検知するためには、捉えたい現象ごとにデータを学習する必要があり、導入までに時間がかかる
正常値をモデル化することで、データ収集を容易にし、リードタイム短縮が可能
異常を検知しても、その原因を特定するのには知見が必要となり、経験の少ない担当者では対応できない
故障に関連するセンサ寄与度情報を表示することで、熟練者でなくても故障箇所の推定が容易に
技術者の判断では問題のない現象を、故障予兆として何度も検出してしまう
技術者の知見をAIの予兆結果にプラスして学習させることで、検出精度を向上

価格

  • 参考価格 200万円から
  • ※詳細はお問い合わせください

仕様

  • データ蓄積システム(YE DIGITAL製「MMCloud」など)
  • エッジPC(モータモデルのみ)
  • クラウドサービス

主な利用分野

  • 大型メカトロニクス装置
  • プラントなどの設備群
  • モーターを用いた設備や装置等

導入までの流れ(※プロダクトモデル、プラントモデルの場合)

  • 初期導入サービス:
    - コンサルティング
    - データ分析
    - 分析アルゴリズム開発
  • 本サービス:
    - 導入
    - 運用開始

MMPredictの
お問い合わせはこちら