理想のIoTサービスをいち早く実現する クラウドAI・IoTソリューション Microsoft Azure

理想のIOTサービスをいち早く実現する
クラウトAI・IOTソリューション
Microsoft Azure
Cloud AI ・IoT ソリューション Microsoft Azure
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. クラウド AI・IoT ソリューション
    Microsoft Azure
  3. ソリューション
  4. 稼働状況の可視化
  5. IoT GO

稼働状況の可視化

株式会社マイクロリンク

初期費用0円から始める製造業向けIoTクラウドサービス

IoT GO

IoT GOが起こす生産性革命!設置するだけで設備稼働が向上し高生産性を実現

生産ラインで実地検証を重ね、製造現場での使いやすさや見やすさ、データの安全性や安定性等を追求したクラウドサ-ビスです。設置するだけで設備稼働を向上させ、改善スピードを劇的に削減し高生産性を実現します。

IoT GO 導入工場バーチャル見学会を開催!
詳細はこちら >

特徴

  • 初期費用0円で投資コスト負担を軽減、1台からの導入が可能で簡単にIoT化を実現
  • 取得するデータを稼働に絞り、古い設備から最新の設備までの「見える化」を実現
  • 常に情報を共有できる環境が1人1人の改善意識を高め、高稼動率・高生産性を実現

概要

多くの中小製造業が抱えている悩み

  • 忙しいのに生産数を上げられない
  • 稼働率・稼働状況を正確に把握できていない
  • 生産ラインの改善に時間がかかる
  • 生産性向上に必要な情報とは?その情報は生産性向上に必要な情報なのか?
  • 現場から報告されている設備の稼働状況、状態は根拠のある正しい情報なのか?
  • 数百万、数千万と投入した設備で、状況を細かくモニタリングし得られた情報を正しく読み取り、活用できるのか?

少子高齢化で「人員不足」は益々悪化する。生産量増大への対応は 「現人員や現設備で生産性を高める」以外の方法が無く、新規部品生産に対応する拡張性と改善活動が行え「現場の使いやすさ最優先の稼働状況モニタリングシステム」「IoTとクラウドを活用した機能拡張できるシステム」があれば・・・

「IoT GO」は、そんな中小企業にとって悩みを、得られるデータや機能を絞りつつ高い汎用性を持ち、低コストで高生産性を実現させるために誕生した稼働状況モニタリングサービスです。

「IoT GO」は中小企業の現場の課題を、設備の稼働状況を「見える化」するだけで解決します

ある現場では「IoT GO」を、大きなモニターで現場に表示させ全作業員で情報を共有、現場以外でもPCやスマホから常に稼働状況を確認できる環境で、1人1人の作業員の生産性への意識が高まり10%以上の生産性向上が見られました。

旧式から最新設備まで全ての設備のモニタリング
センサーを取り付ける、または接点信号データを直接取得することで、旧式から最新の設備、工場全体の設備をモニタリングし生産能力を測定できます。
比較結果が見やすいUI設計
ライン名をトリガとしてラインを並列で表示、縦方向表示のためスマホなどの小さい画面でもスクロールし各ラインを確認できます。
昼勤、夜勤、三交代勤務など1日の様々な勤務の稼働状況を1画面で確認、比較できます。
各ラインの稼働状況を時系列で確認でき、今日と昨日、1週間前などとの比較、改善前と改善後の比較が簡単に確認できます。
1つ1つの稼動データを全て記録しているため、時間帯でのばらつきや、時間帯ごとの稼働率などを細かく確認できます。

「IoT GO」の取得したデータを活用することで改善点を素早く明確化、改善スピードが劇的に向上し約50%生産性を向上させます

「IoT GO」が測定するデータは設備の稼働状況だけですが、稼働状況を正確に測定するだけで様々な問題が明確化され、改善スピードが劇的に向上します。

1つ1つの稼動データ、サイクルタイムを全て記録、入力された停止要因なども記録しているため、停止時間・停止要因が容易に把握できます。

改善活動スタート時点で必要となる、稼動に関するデータが既に揃っているため改善活動の時間を大幅に削減でき、稼動データや要因を分析することでさらに生産性が向上し、「IoT GO」の現場でのモニター表示、現場作業員とのデータの共有と、稼動データ分析による改善活動の結果、約50%の生産性向上が見られた事例があります。

クラウドサ-ビスならではのさらなる機能強化

「IoT GO」はマイクロソフトAzureを使用したクラウドサ-ビスです。サ-ビス独自のネットワークを構築するため、大切なお客様のデータや既存ネットワークに影響を及ぼすことはありません。

インターネットブラウザアプリですので、インターネットが閲覧できる状況であれば、どこからでもPC、スマホなどから素早く設備の稼働状況を確認していただけ、アプリのインストール、アップデートの必要が無く、常に最新のアプリがご利用できる状態で、追加される機能などのアップデート費用も必要ありません(一部有料サ-ビスあり)。

設備以外のデータなど測定データ収集の多様化、AIの搭載や収集したデータのAI解析、通知機能やグラフ化、様々なアプリとの連携や拡張など、これからも「現場での使いやすさ」を追及し「IoT GO」は進化を続けます。

サービス構成イメージ

価格

  • 月額(1台あたり) 約25,000円(税抜)~ 約7,000円(10台以上契約)
  • 設備データの取得は1種類のデータにつき1台必要となります。
  • 契約は年契約になります。
  • 補助金制度の活用やトライアル導入など、さらにお得に導入していただける場合がございます。

推奨動作環境

PC
OS Windows 10 64ビット版、macOS Sierra 10.12.6以上
CPU Intel Core i5 2.50GHz以上
メモリ 8.0GB
HDD 50GB以上
画面解像度 1024x768以上
モバイル端末 Android OS8.0以上、iOS 11以上
対応ブラウザ Microsoft Edge 42以上、Google Chrome 67以上、 Safari 11以上
※ブラウザによって、表示や入力時のインターフェースが若干異なります。

こんな課題を解決

効果

設備や工場のIoT化を進めたいが、何から始めればいいのかわからない、導入コストや時間をかけられない
簡単に機器を取り付けるだけで簡単にIoT化を実現し導入コストを軽減、大規模な工事も不要です
生産ラインの改善をして生産性を高めたいが、問題の調査に時間がかかり実現できない
サイクルタイム、停止時間・要因を容易に把握でき、改善活動の時間を大幅に削減します
生産ラインの稼働状況・稼働率を正確に把握できず、忙しいのに生産数を上げられない
PCやスマホで常に稼働状況・稼働率を確認できることで生産意識が高まり生産性が向上します

主な利用分野

  • 設備の稼動状況を簡単に見える化したい中小企業様向け
  • 製造工程のサイクルタイムを測定し、生産ラインの改善や増設など経営判断指標の見える化
  • 設備の稼働時間・稼働率を計測し改善サイクルをスピードアップ

導入までの流れ

現場の設備、状況を確認、お客様にヒアリングシ-トにご記入していただきご提出、ヒアリングシ-トをもとに機器を設定してお送りいたします。

お受け取りいただいた機器をお客様が設備に設置(お客様で設置が無理な場合は別途有償でご相談)、インターネットブラウザーでログインし簡単な設定をするだけで表示、導入していただけます。

IoT GOの
お問い合わせはこちら