理想のIoTサービスをいち早く実現する クラウドAI・IoTソリューション Microsoft Azure

理想のIOTサービスをいち早く実現する
クラウトAI・IOTソリューション
Microsoft Azure
Cloud AI ・IoT ソリューション Microsoft Azure
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. クラウド AI・IoT ソリューション
    Microsoft Azure
  3. ソリューション
  4. 稼働状況の可視化
  5. 既存生産設備
    IoT導入パッケージ

稼働状況の可視化

株式会社コンテック

既存生産設備IoT導入パッケージ

既存工場設備を活用しながら、IoT化を実現!

既存設備の稼動状況を監視し、生産管理/品質管理/設備管理など、工場のIoT化に必要な情報監視・管理を簡単に行うことが可能です。

特徴

  • マルチベンダー・マルチインターフェイス対応 ダイレクト通信
  • プログラミングレスの簡単制御(CONPROSYS VTC)
  • 稼働状況/故障の監視や運転/停止を一括Webモニタリング

概要

外部通信が無い既存の工場設備には各種センサーやリレーなどで状態監視を行い、設備を制御するPLCを使用している場合には、PLCとの通信でより詳細な稼働状況情報を取得することができます。

取得したデータはデータ送信機能やMODBUS/TCPのスレーブ機能などでAzure上で管理することができます。またコントローラにはモニタリング画面が作成できますので、ノートパソコン等のWebブラウザにて閲覧することで設備のモニタリングを行うこともできます。

既存生産設備IoT導入パッケージ

  • マルチベンダー・マルチインターフェイス対応 ダイレクト通信
    CONPROSYS(※) M2M GatewayシリーズはPLCとの通信機能をもっています。通信対応しているPLCやModbus通信が可能なコントローラからデータを取得することができます。Ethernet通信・シリアル通信に対応しており、PLCベンダーの混在・通信方式の混在利用が可能となります。また、OPC UA対応で、SCADAソフトウェアやMES/ERPシステムとダイレクトにデータ通信が行えます。
  • プログラミングレスの簡単制御(CONPROSYS VTC)
    CONPROSYSには取得したデータを使い演算・条件判断などの処理を作成できるCONPROSYS VTC機能を搭載しています。プログラムを作成することなくフローチャートを作るように部品を並べて処理を作成できます。また、PLCなどから取得したデータをロギングしたり、トリガを設けて履歴データを残すなどの処理も作成可能です。
  • 稼働状況/故障の監視や運転/停止を一括Webモニタリング
    取得した信号をグラフィカルに表現できるCONPROSYS HMIを搭載。ノートパソコンなどのWebブラウザにてお客様自身でモニタリング画面を簡単に作成・閲覧できますので、特別なソフトは必要ありません。

※CONPROSYSとは…
株式会社コンテックが提供する、既存工場設備のIoT化、様々な業種における稼働監視・見える化をワンストップで実現する、M2M/IoTソリューションです。
「簡単」「便利」「使いやすい」を追及したIoTに要求されるソフトウェアを搭載したデバイス・クラウドサービスで、M2M/IoTシステムを構築する上での課題を解決します。

こんな課題を解決

効果

工場設備のIoT化をしたいが、全ての設備を買い替える投資はできない。
既存の工場設備にIoTデバイスを後付けすることで、IoT化が可能。既存資産を最大限活用いただけます。
現場に行かないと稼働状況を把握することができない。今の稼働状況を把握したい。
IoT機器内蔵の監視画面作成ツールで稼働情報を可視化。社内のどこからでも、稼働状況確認が可能に。
設備の復旧に時間がかかり、計画通りに生産が終了しない。
設備に異常があった際は、Eメールで通知。復旧までの時間が短縮され、生産計画との差異縮小に貢献します。

主な利用分野

  • 製造業の生産ライン

導入までの流れ

お問い合わせ → ヒヤリング → ご提案 → テスト/検証 → 導入 → サポート

導入後も、専門のスタッフによるサポートセンター、保証延長サービスなど、安心のサポート体制でお客様のビジネスを支えます。

既存生産設備IoT導入パッケージの
お問い合わせはこちら