クラウド時代に安全と新たな価値を創造する IoTセキュリティソリューション McAfee

クラウド時代に安全と新たな価値を創造する
IoT セキュリティソリューション
McAfee
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. McAfee
  3. McAfee製品紹介
  4. 読み書き・複製制御・変更管理

McAfee Change Control (MCC)

読み書き・複製制御・変更管理

システム変更の検出・データ流出防止と一元管理

   

Enterprise

製品特長

製品特長の詳細

システムサポートコストの削減

  • ホワイトリストを自動生成するため、登録の負荷が軽減(手動での追加も可能)
  • CPU負荷がほぼないためシステム遅延が許されないシステムにも対応可能
  • 過失による誤操作もブロックされ、デバイスの故障リスク低減

コンプライアンス対応

  • 専用のadmin権限でのみ更新可能
  • 公開鍵・秘密鍵と署名に基づく認証により更新許可
  • 許可された動作も履歴管理可能(Change Control 機能)

脅威情報との連携、統合管理(ePO)

  • ePOを使用することで、離れた場所にあるデバイスも含め、ポリシー設定や変更、集中管理可能。
  • ePO経由で、他のセキュリティ―製品との連携し多層防御実現可能。
  • GTIと連携することで、世界の最新の脅威情報をリアルタイムに活用可能。

運用イメージ

運用イメージ

各リンク先

関連する製品は ePO、 をご参照下さい。

製品のさらなる技術詳細はMcAfee社Webサイト MCC をご参照下さい。