エッジデバイスからクラウドサービスまで IoTソリューション ポータルエッジデバイスからクラウドサービスまで IoTソリューション ポータル

HELYX® on Azure

企業向けオープンソースCFDソフトウェアHELYX®をAzure上で簡単に利用

特徴
Azure上のHELYXを専用GUIで簡単に直ちに実行可能
HELYX® のインストールやセットアップなどの環境構築作業は一切不要
LINUX知識不要。Windowsで簡単に利用可能。

近年、ソフトウェアライセンスコスト低減を目的として、OpenFOAM®に代表されるオープンソースCFDソルバの業務利用に注目が集まっています。OpenFOAM®をCFD業務で利用する上での問題点としては、ソルバの安定性がメッシュ品質に対して敏感であること、GUIが無いことによる操作性の悪さなどが挙げられます。OpenFOAM®が抱えるこれらの問題を解決し、オープンソースCFDソルバの業務利用を推進するために、英国Engys社が企業利用向けオープンソースCFDソフトウェアHELYX®を開発しました。

HELYX®はOpenFOAM®等のオープンソースソフトウェアを基にしてEngys社が開発したオートメッシャ・CFDソルバHELYX-Coreを中核として、各種パラメータを設定するためのGUI環境HELYX-GUIを備えることで、一般的な商用CFDソフトウェアと同等の使用感を実現しております。また、連成ソルバやアジョイント法による最適化ソルバなどのアドオンモジュールを追加することで、ソルバ機能をさらに向上させることができます。さらに、HELYX®ではジョブの同時実行数や並列数に対する制限が無いライセンス形態を採用しているため、最適化計算や大規模CFD計算の計算時間短縮とコスト削減が可能です。「HELYX® on Cloud」は、クラウドの特長であるスケーラブルなHPCクラスタサーバーの構築やアプリケーションの設定を自動化し、契約期間中、CCNVの「V-SaaSオプション」でHELYX®ソルバの高性能な解析計算を実行することができるサービスです。複数のHPCクラウドサーバーをマウス操作のみで選択し、ジョブ実行管理GUIとキューイングシステムにより、簡単かつ効率的に計算ジョブを実行できます。そして、HELYX®の利用にはヴァイナスによる高い技術サポートが標準で含まれます。

Audi 7の感度分布計算結果、HELYX(R) on Azure画面

提供会社:株式会社ヴァイナス