エッジデバイスからクラウドサービスまで IoTソリューション ポータルエッジデバイスからクラウドサービスまで IoTソリューション ポータル

製造業向けIoTフィールドサービス効率化支援パッケージ

Azure IoTとDynamics 365で可視化の先のタスク管理を容易に実現!

特徴
IoTとOT(Operation Technology)との融合でIoT可視化の先を簡単に実現
タスク管理により効率的な人材配置で、人材不足解消と顧客満足度向上を同時に実現
可視化からタスク管理まで、ライセンス、環境構築、運用支援をワンストップで提供

<パッケージの内容>

製造業向けIoTフィールドサービス効率化支援パッケージは、IoT機器からのアラート情報を自動的にタスクに挙げ、保守要員アサインや作業指示書作成などのタスクのマネジメントを簡単に実現するための支援パッケージです。
マイクロソフトのクラウドプラットフォームMicrosoft Azureと Microsoft Dynamics 365 for Field Serviceを活用することにより、迅速な問題対応やタスク管理を行い、必要に応じて保守要員を効率的にアサインすることで、ダウンタイムの削減と保守コストの削減が可能です。また、これまで独立していたIoTサービス開発とOT(Operational Technology)開発のプラットフォームを統一することで効率化が図れ、開発工数の削減が可能です。機械学習を用いた故障予測による予兆保守を行うことで顧客満足度向上も実現します。

東京エレクトロンデバイスは、IoT市場、特に製造業のお客様へのご提案で培った技術力、ナレッジと、Microsoft Azure を使ったIoTを融合することで製造業向けフィールドサービス業務の効率化を支援します。

<実現できる効果の例>

  • これまで独立していたIoTサービス開発とOT開発の融合による効率的かつ迅速なシステム開発が可能(開発工数の削減)
  • IoT機器からのアラートを即座に検知し、タスク管理を行うことによる迅速な問題対応
    および収束に向けた管理(ダウンタイムの削減)
  • 必要な場合のみ適切な技術者を最短経路で派遣し、1度の訪問での修理完了が可能(保守コストの削減)
  • 機械学習を活用し、故障予測することで、予兆保守を実現(顧客満足度の向上)

<製造業フィールドサービス効率化支援パッケージに含まれるもの>

  • Microsoft Dynamics 365 for Field Serviceを含むライセンス使用料
  • Microsoft Dynamics 365 for Field Service初期設定、コンサルティング
  • Microsoft Azureの従量課金使用料
  • Microsoft Azure環境構築、サポート
  • Power BI Pro 画面設定、サポート
    ※IoTセンサー・デバイス、IoTゲートウェイ機器もご紹介可能です

IoT × フィールドサービス連携イメージ

  • 接続デバイスからのデータによる故障予兆

    1

    Microsoft AzureのIoT HubとMachine Learningの機能を活用し、接続デバイスからのデータによる故障予兆。

  • IoTデータを基にしたタスク計上とマネジメント

    2

    Microsoft Dynamics 365 for Field Serviceによる、IoTデータを基にしたタスク計上とマネジメント。

  • タスク内容による適切な指示。最適な人材派遣、ダウンタイム削減

    3

    タスク内容による適切な指示。最適な人材派遣、ダウンタイム削減で顧客満足度向上。

矢印 矢印

Microsoft AzureとMicrosoft Dynamics 365のアーキテクチャ

Microsoft AzureとMicrosoft Dynamics 365のアーキテクチャイメージ

提供会社:東京エレクトロン デバイス株式会社