幅広い産業用デバイスに新たな価値を Embedded IoTソリューション Windows 10 IoT Enterprise

幅広い産業用デバイスに新たな価値を
Embedded IoT ソリューション
Windows 10 IoT Enterprise
Embedded IoT ソリューション Windows 10 IoT Enterprise
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. Embedded IoT ソリューション
    Windows 10 IoT Enterprise
  3. Windows 10
    IoT Enterprise
  4. 工場で

工場における課題とWindows 10 IoT Enterpriseによる解決

Windows 10 IoT Enterpriseは、製造装置や工場内の管理PC/サーバーといった特定用途機器向けに最適な機能を持ったWindows 10ライセンスです。工場における次のような課題を解決します。

課題1

OSのバージョンアップのたびにアプリケーションの再評価が必要

Windows 10 IoT Enterpriseで解決!

Windows 10 IoT Enterprise LTSCは、機能の追加・変更がなくバージョンを固定したまま使用することができるため、アプリケーションやシステムの再評価工数を低減させることが可能です。セキュリティの更新を適用することで、OSのバージョンアップを行わなくても10年間安全にお使いいただくことができます。

対象

製造装置・管理PC

2018年11月13日にリリースされた「Windows 10 IoTEnterprise 2019LTSC」の場合、2029年1月9日までバージョンを固定したままWindows 10の利用が可能です。

LTSC Version リリース時期 メインストリームサポート終了日 延長サポート終了日 EOL
2019 2018/11/13 2024/01/09 2029/01/09 2028/11/30

Windows 10 IoT Enterprise
資料はこちら

課題2

アップデートによるトラブルが心配

組み込み向けWindows Serverで解決!

組み込み向けのWindows Serverを使用することで、10年~15年のOSバージョン固定が可能になり、同じアプリケーション等を長期間運用することが可能となります。そのため、OSアップデートによるシステムトラブルなどを回避することが可能になります。

対象

管理サーバー

Windows 10 IoT Enterprise
資料はこちら

課題3

Windowsで動作していることがユーザーに判ってしまう

Windows 10 IoT Enterpriseで解決!

Window 10 IoT Enterpriseでは、Windowsと判る要素を非表示化することが可能です。起動中、サインイン中、シャットダウン中やデスクトップ画面などの特徴的な表示を抑制することで、ユーザーに装置内でWindowsが動作していることを意識させません。

対象

製造装置・管理PC

デバイス起動中画面のWindowsロゴ非表示や、自社ロゴの表示への変更といった変更が可能です

Windows 10 IoT Enterprise
資料はこちら

課題4

不正な操作や使用を禁止したい

Windows 10 IoT Enterpriseで解決!

ロックダウン機能を使用することで、管理者は予めユーザーが使用できる機能・操作を限定することが可能です。使用できるアプリケーションプログラムを指定したり、キーボード操作やUSB機器の入出力を制限することで、装置の不正な操作やデータの持ち出しを禁止することができます。

対象

製造装置・管理PC

ロックダウン機能を使用すると、こんなことが可能です

設定項目 詳細  
AnimationDisabled Welcomeスクリーンのアニメーションを無効化
BrandingNeutral サインイン画面のエレメントを無効化
HideAutologonUI 自動ログオン時にUIを表示させない
NoLockScreen ロック画面を表示させない
UIVerbosityLevel デバイスの起動中/シャットダウン中の画面を表示させない

ロックダウン機能に関する
資料はこちら

Windows 10 IoT Enterprise
に関するお問い合わせはこちら