HOME > 製品情報:McAfee

McAfee

McAfee Endpoint Thread Protection


McAfee Endpoint Securityを含んだMcAfee VirusScan Enterpriseの後継製品

McAfee Endpoint Threat Protectionは、現在、必要とされている保護機能だけでなく、新たに発生する高度な脅威にも対応できるセキュリティ対策製品です。この製品には、脅威対策、ファイアウォール、Webやメールの保護、デバイス コントロールなどが統合されています。これらの機能が相互に連携し、脅威をリアルタイムで分析してシステムやユーザーへの被害を未然に防ぎます。

脅威対策

<特徴・メリット>

  • 多層型の保護対策によって、マルウェアの検出、封じ込み、修復を迅速に行うセキュリティ対策

<機能>

  • ヒューリスティックやオンアクセススキャンにより、既知または未知のマルウェアも検出
  • ポリシーと配備を単純化し、Windows、Mac、Linuxプラットフォームを保護
  • 信頼されたプロセスにはスキャンを実行せずに、不審な対象に優先度を設定し、これによりパフォーマンスが最適化

統合ファイアウォール

<特徴・メリット>

  • ボットネット、DDoS攻撃、信頼されていない実行ファイル、高度な持続型脅威、危険なWeb接続からエンドポイントを保護

<機能>

  • ポリシーを施行してユーザーを保護し、生産性を維持
  • 不要な受信接続をブロックし、送信要求を制御することで帯域幅を保護
  • 信頼されたネットワークや実行ファイル、危険なファイルや接続をユーザーに通知

Web管理

<特徴・メリット>

  • Web保護とフィルタリングにより、エンドポイントでのWeb閲覧を保護

<機能>

  • 不正なサイトに移動する前に警告を表示するので、リスクを軽減し、コンプリライアンスを遵守
  • 危険なサイトや不適切なサイトを許可またはブロックすることで、脅威を阻止し、生産性を維持
  • 危険なダウンロードをダウンロードが開始する前にブロック

ePolicy Orchestrator (ePO) の使用可能

<特徴・メリット>

  • 管理コンソール上で、複数のデバイス、セキュリティー製品を一元的に管理
  • 製品インストール、ポリシー設定変更、イベントの集中監視 等の統合管理
  • Glorbal Thread Intelligence (GTI) と連携し、ファイルのレピュテーション情報に基づく高度な運用が可能
  • McAfee社の他のセキュリティ―製品との連携が可能
  • ・SIAパートナーの製品も統合管理

<機能>

  • McAfee Endpoint Protection を各管理端末に配布・インストール
  • ポリシー設定より、例外設定・詳細設定の変更
  • イベントの集中監視
  • 端末から収集したアラート情報をGTIと連携して解析
  • 違反時のアラートをePOに収集し、レポート加工

システム要件/サポートOS

Windows OS、Linux OS等をサポートしています。詳細はMcAfee社Webサイトをご参照下さい。

導入事例

詳細はMcAfee社Webサイトをご参照下さい。


製品概要(プレゼンテーション資料)、他社製品との比較に関する資料をダウンロードしていただけます。


お問い合わせ先

導入事例

McAfeeセキュリティ製品導入事例はこちら

関連情報