HOME > 製品情報:McAfee

McAfee

McAfee

マカフィー社(本社:米国カリフォルニア州)は、世界最大規模のサイバーセキュリティ専業会社です。
業界で最も優れた7,500人を超えるサイバーセキュリティ専門家を擁すると同時に、1,200以上のセキュリティ技術関連の特許を持っており、世界をリードするサイバー脅威インテリジェンス研究機関であるMcAfee Labsを運営しています。

東京エレクトロンデバイスは、マカフィー社のEliteパートナーです。
ソフトウェア製品(ホワイトリスト/ブラックリスト/変更履歴管理)を中心に、技術サポート、製品トレーニング、案件提案等、お客様のニーズに応えて参ります。


ホワイトリスティングとは?
動作させてもよいアプリケーションだけをホワイトリストに登録し、そのリストを元にアプリケーションの起動を制御します。ブラックリスト方式では、日々定義ファイルを更新する必要があったり、時間とともに定義ファイルが増えていくのに対し、ホワイトリスト方式ならリストを増やしたり、定義ファイルを更新したりすることなく運用できます。

OEM製品 と Enterprise製品について
マカフィー社の製品は、ご購入目的(組み込みでの再販、自社利用等)によってOEM製品 / Enterprise製品の2つに分類されます。

・OEM製品 :自社製品にマカフィー製品をバンドルもしくは、組み込んで一体化し、自社
        製品として販売頂く場合。
 ※OEM契約( Indirect Authorized OEM License Agreement )の締結が必要です。

・Enterprise製品:マカフィー製品を自社利用される場合や、マカフィー製品単体を再販さ
           れる場合。
           (自社製品にバンドルされる場合はOEM製品となります)
 ※OEM契約は不要ですが、ご購入の際に利用者様情報の登録が必要です。


マカフィー製品ラインナップ

OEM製品 概要

McAfee Embedded Control

ホワイトリスト型アプリケーション実行制御ソフトウェア

ホワイトリストを自動生成しリストに基づき不正なアプリケーションの実行を阻止します。また、ホワイトリストに登録されているファイルの改ざんを防止します。

変更履歴管理ソフトウェア

ポリシーの変更を管理し、ファイルの整合性に問題があれば警告を表示します。また、重要なファイルやディレクトリに対する不正な変更を阻止し記録します。

McAfee Integrity Control

McAfee Endpoint Security Foundation for OEM

キャンペーン中
2018年12月末まで

ブラックリスト型エンドポイントセキュリティ対策ソフトウェア

不審なアプリケーション、ペイロード、Webサイト、ファイルに対して迅速にアクションを実行し巧妙化するマルウェアの脅威からシステムを保護できるベーシックなブラックリスト製品です。


Enertprise製品 概要

McAfee Application Control

ホワイトリスト型アプリケーション実行制御ソフトウェア

ホワイトリストを自動生成しリストに基づき不正なアプリケーションの実行を阻止します。また、ホワイトリストに登録されているファイルの改ざんを防止します。

McAfee Change Control

変更履歴管理ソフトウェア

ポリシーの変更を管理し、ファイルの整合性に問題があれば警告を表示します。また、重要なファイルやディレクトリに対する不正な変更を阻止し記録します。

McAfee Endpoint Thread Protection

ブラックリスト型エンドポイントセキュリティ対策ソフトウェア

不審なアプリケーション、ペイロード、Webサイト、ファイルに対して迅速にアクションを実行し巧妙化するマルウェアの脅威からシステムを保護できます。ブラックリスト単体製品McAfee Endpoint Security を含むパッケージ製品です。


McAfeeホワイトリスト製品機能比較

機能 McAfee
Embedded Control
McAfee
Integrity Control
McAfee
Application Control
McAfee
Change Control

ライセンス形態

OEM

Enterprise

対象デバイス

全ての組み込みシステム
(POS、キオスク端末、医療機器、FA機器、ATMなど)

PC
(ノートPC、デスクトップPC、タブレット、サーバーのみ)

購入条件

OEM契約書(Indirect OEM Agreement)の締結

エンドユーザ情報の登録

ホワイトリスト機能
・不正なアプリケーションの実行阻止
・ホワイトリスト対象ファイルの変更禁止
・メモリ保護機能(Windowsのみ)
・サポート終了OS保護

変更制御機能
(読み書き・複製制御)

変更履歴管理
(ファイル・レジストリ・プロセス等モニタリング)

ePolicy Orchestrator(ePO)の使用※
・統合管理(管理コンソール上で管理可能)
・変更ポリシーの施行
・他のセキュリティー製品との連携

※ ePO機能を利用する場合は、ePO用にサーバーをご用意いただく必要があります。



お問い合わせ先

導入事例

McAfeeセキュリティ製品導入事例はこちら

関連情報