HOME > Microsoft > 製品情報: Microsoft Azure

IoTビジネス共創ラボ

IoTビジネス共創ラボとは、IoT/ビッグデータ領域のエキスパートが集まりMicrosoft AzureをプラットフォームとするIoTプロジェクトの共同検証を通じてノウハウを共有するコミュニティです。起業家や開発者、そのほかIoTに関連する企業にとって競争力強化の源泉となりうるIoT/ビッグデータ領域のソリューション検討を具体的に進められるように支援します。

IoTビジネス共創ラボの活動

産業別ワーキンググループでMicrosoft AzureをベースにしたIoTの利用シナリオを共同検証し、IoTビジネスソリューションの開発を促進します。また、共同検証の結果やIoTビジネスにかかわる様々な企業の取り組みを紹介する勉強会の開催など、参加企業同士やユーザー企業とのマッチングの場を提供します。

  • ビジネスワーキンググループ(IoTのビジネスへの展開を検証)
  • 分析ワーキンググループ(データの分析・活用を検証)
  • 製造ワーキンググループ(製造業におけるIoTを検証)
  • 物流・社会ワーキンググループ(物流・社会インフラにおけるIoTを検証)
  • ヘルスケアワーキンググループ(ヘルスケア分野におけるIoTを検証)

過去の勉強会の資料をこちらからダウンロードしていただけます。
IoTビジネス共創ラボの公式Facebookページでも活動内容をご覧いただけます。

IoTビジネス共創ラボ コミッティ会社

東京エレクトロン デバイス株式会社(幹事会社)
日本マイクロソフト株式会社(IoTビジネス共創ラボ事務局)

アクセンチュア株式会社/アバナード株式会社
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
株式会社電通国際情報サービス
株式会社ナレッジコミュニケーション
日本ユニシス株式会社/ユニアデックス株式会社、
株式会社ブレインパッド

IoTビジネス共創ラボ 会員対象

ラボ会員登録のお申し込みは、随時受け付けております。IoTにご関心のある以下の方が会員対象となります。

  • IoTにご関心のある事業企画、IT管理部門の皆さま
  • パートナー企業の皆さま(システム/デバイスパートナー、コネクティビティパートナー、アナリティクス/プラットフォームパートナー、ソリューション/アプリケーションパートナー)
  • Microsoft Azure やマイクロソフトとのIoTビジネスにご関心のある事業企画の皆さま
  • IoTビジネス共創ラボご参加にご関心があるパートナービジネス担当の皆さま
  • スタートアップ/デベロッパーの皆さま

会員登録方法(参加無料)

会員の種類 対象 会員登録までの流れ
一般会員 ワーキンググループには参加しないが、Microsoft Azure やIoTに関する情報、IoTビジネス共創ラボの勉強会などの情報を希望される方 基本的にお申し込み頂いた方は会員として登録されます。事務局より登録完了のメールをお送りします。
ワーキンググループ会員 実案件や検証したいプロジェクトを持ちの方、または実案件は無いが会の趣旨に賛同する方 ご希望のワーキンググループより確認のご連絡をさせていただきます。

メールにご希望の会員名(ワーキンググループ会員の場合は参加希望のワーキンググループ名も含む)を明記のうえ、会社名、部署名、役職、お名前、メールアドレスを以下事務局窓口へお送り下さい。

事務局窓口 

関連情報


メールマガジン

最新情報やキャンペーン情報、各種イベントのご案内を毎月1回E-Mail(テキスト形式)にてお届けしています。
配信お申し込みはこちら