HOME > Micorosoft > 製品情報: Windows Server 2012 for Embedded Systems

Windows Embedded

Windows Server 2012 for Embedded Systems
Windows Server 2012 R2 for Embedded Systems

Windows ServerのEmbedded版とは
Windows ServerのEmbedded版は、専用サーバーやサーバーアプライアンスを組み込み用途で製造するOEM様向けに提供するライセンス製品のことです。用途を制限することでロイヤリティが低く設定されていますので、開発コストを低く抑えることが可能です。

Windows Embedded Serverのメリット
●ライセンスの長期供給が保証されています。
●CAL(クライアントアクセスライセンス)の不要な構成も可能です。

概要ライセンス形態

Windows Server 2012/2012 R2 for Embedded Systemsの
ライセンス形態

エディション

Windows Server 2012/2012 R2 for Embedded Systemsには、以下のエディションがあります。
●Datacenter
●Standard
●Essentials
●Telecommunications

※EssentialsおよびTelecommunicationsは、機能制限や用途により購入できない可能性がありますので、弊社までご相談ください。
※Windows Server 2008 R2まで存在したEnterpriseエディションは無くなりました。

Standardエディション
Windows Server 2012/2012 R2 for Embedded Systems Standardは2つまでの仮想インスタント数を実行可能です。

サーバーライセンスは、プロセッサ単位で購入します。

・Windows Server® 2012/2012 R2 for Embedded Systems Standard (2 CPU)
・Windows Server® 2012/2012 R2 for Embedded Systems Standard (4 CPU)
・Windows Server® 2012/2012 R2 for Embedded Systems Standard (2 CPU, 5CAL)
・Windows Server® 2012/2012 R2 for Embedded Systems Standard (2 CPU, 10CAL)
・Windows Server® 2012/2012 R2 for Embedded Systems Standard (4 CPU, 5CAL)
・Windows Server® 2012/2012 R2 for Embedded Systems Standard (4CPU, 10CAL)

Datacenterエディション
Windows Server 2012/2012 R2 for Embedded Systems Datacenterは、無制限に仮想インスタンスを実行できます。たとえば、クラスタリングや Live Migration、Hyper-Vレプリカで仮想インスタンスを移動するとき、仮想インスタンスの実行数と保有するライセンス数を心配する必要がありません。

・Windows Server® 2012/2012 R2 for Embedded Systems Datacenter (2 CPU)
・Windows Server® 2012/2012 R2 for Embedded Systems Datacenter (4 CPU)

ライセンス供給スケジュール

Windows Server 2012/2012 R2 for Embedded SystemsのEOLは2027年6月30日です。