理想のIoTサービスをいち早く実現する クラウドAI・IoTソリューション Microsoft Azure

理想のIOTサービスをいち早く実現する
クラウトAI・IOTソリューション
Microsoft Azure
Cloud AI ・IoT ソリューション Microsoft Azure
  1. Microsoft Azure TOP
  2. ソリューション

画像判定AIソリューション

画像データをアップロードするだけで「人」による目視検査作業を自動化

外観検査、出荷検査、品質保証検品など、人が行っている目視検査作業をAIで効率化しませんか?

  • AIは専門知識が無いと難しそう
  • 初期投資など費用面が課題になって検討が進まない
  • 大量の画像データはあるけれど、上手く活用できていない

そんなお悩みをAzure Custom Visionが解決します!画像をアップロードするだけで、独自の画像判定AIモデルを作成してすぐに活用が可能です。

特徴1

検査対象の画像データだけで、お客様独自のAIモデルを簡単に作成

特徴2

AIの専門知識は不要、判定項目ごとに50枚程度の画像データがあればOK

特徴3

Azure Custom Visionを活用し、スモールスタートが可能

概要

Azure Custom Visionは、マイクロソフト社が用意したAI処理モデルを利用するベースに、独自の画像認識用AIモデルを構築できるサービスです。画像データを取り込むだけでAIの知識がなくてもすぐに利用が可能です。 ご利用にあたっては、東京エレクトロンデバイスが各種ご支援をいたします。

STEP 01

画像データのアップロード

画像データをCustom Vision Serviceにアップロードし、ラベルを付けます。
ラベルとは、画像を説明する情報です。タグとも呼ばれます(例:良品/不良品)。

STEP 02

学習(トレーニング)

Custom Vision Service は、与えられた画像データとラベルを使ってその画像が何なのかを学習し、AIモデルを作成します。

STEP 03

AIモデルの実行

学習させたAIモデルは、クラウドやエッジデバイス上で実行できます。

活用フロー

主な利用分野・活用シーン

物体検出

物体の個数カウント

出荷梱包・不足品チェック

画像分類

類似部品の型番判定

ケーブル配線の判定

価格

Azure Custom Visionでは、以下の4つのアクションに対してサービス費用がかかります。

画像のアップロード枚数 1,000枚ごとに 約¥231
トレーニング操作にかかった時間 コンピューティング時間あたり 約¥1,154
クラウド側での画像データの保管費用 1,000枚ごとに 約¥81(月額)
AIの実行回数(API呼び出し回数) 1,000回ごとに 約¥231

例)画像データ3,000枚を使って学習させた場合(トレーニング時間は1時間、AIの呼び出し回数は6,000回/月を想定)

AIモデル作成時の費用:約1,847円(1モデル)

  • アップロード ¥231 x 3 = 約¥693
  • トレーニング ¥1,154 x 1 = 約¥1,154

AIモデル実行時の費用:約1,386円(1か月の呼び出し回数で増減)

  • AIの実行(推論) ¥231 x 6 = 約¥1,386

画像データ保管費用:約243円(毎月発生)

  • ¥81 x 3 = 約¥243

導入ご支援およびサービス

東京エレクトロンデバイスでは、Azure Custom Visionご利用のための各種ご支援を行います。ご希望・ご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お客様自身による検証のご支援

・Microsoft Azure や Custom Vision サービスの技術サポート/QA対応(※)
・ハンズオントレーニング(サンプルデータを使ったハンズオン形式のトレーニング)

※技術サポート/QAは、CSPテクニカル・サポートサービス契約(Standardサポート:有償/オプション)にて対応

TEDによるAIモデルの作成・検証

・Custom VisionのAIによる実証性の検証(AIモデル作成、制度評価、レポート提供)

ソリューションに関するご質問やご希望がございましたら、
お気軽にお問い合わせください

mail 画像判定AIソリューション お問い合わせ

本ソリューションの資料は
こちらからダウンロードしていただけます

description 画像判定AIソリューション 資料ダウンロード