Microsoft365で実現するデバイス一元管理ソリューション

Microsoft365で実現するデバイス一元管理ソリューション

  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. クラウド AI・IoT ソリューション
    Office365

Microsoft365で実現する
クラウドベースのデバイス一元管理ソリューション

デバイスの一元管理を検討されている企業様向けに、Microsoft365を活用したクラウドベースの管理ソリューションをご紹介します。
Microsoft365は、Windows 10、Office365、および包括的なセキュリティソリューション「Enterprise Mobility + Security」が含まれた統合ソリューションで、月額課金で利用できるため少ない初期投資コストで素早く展開できるだけでなく、PCセキュリティ対策設定も一括で行えます。

ここがメリット

  • 集約されていないデータやIDを一元管理
  • 働き方改革を進めるうえで重要なセキュリティ対策
  • 新たなコミュニケーションツール導入によるリアルタイムでの情報共有

昨今の企業インフラの課題

昨今では「クラウドファースト」と呼ばれる、システム構築を行う際にクラウド利用を優先検討する考え方が一般的となっています。
しかし、企業インフラにクラウドを利用する場合、残されたオンプレサーバーとの連携や監視について考える必要が出てきます。
また、デバイスが一元管理されていない、事業所や関連会社毎にデータが集約されていない、管理の煩雑化したIDが残っている、といった課題も解決する必要があります。

Microsoft365を使用した解決方法をご提案します

  • Microsoft365とは?

    最新オペレーティングシステム 「Windows 10」、最新の統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」、包括的なセキュリティソリューション「Enterprise Mobility + Security」が含まれたインテリジェントな統合ソリューションです。

  • Microsoft365のメリット

    デバイス管理や企業のセキュリティの簡素化を実現するだけでなく、チームでの情報共有や外出先からの会議やチャットといったコミュニケーションを円滑化するツールを備えており、企業の課題解決および働き方改革を実現します。

1

クラウド基盤を利用したデバイス一元管理

問題解決

デバイスの状態や管理について運用負荷を解決!

Windows Updateの自動化(Microsoft Intune)

Windows 10の更新プログラムには、「機能更新プログラム」と「品質更新プログラム」の2種類があります。
機能更新プログラムは半年に1回、品質更新プログラムは月に1回リリースされています。

アップデートの自動化により、
運用負荷が軽減されます。

デバイス状況をリアルタイムで把握

必要な情報を必要なタイミングで活用

Windows Updateの自動化 運用イメージ図

2

クラウドベースのWindows10自動展開の活用

~AutoPilotにより自動展開、個別アプリケーションや制御用ポリシーの配布~

問題解決

ID管理やパソコンのセットアップ工数の問題を解決!

自動セットアップ(Windows AutoPilot)

Windows AutoPilotとはパソコンを自動セットアップするしくみです。

セットアップ実行時にAzure ADや
Microsoft Intuneと連動することで

デバイス制限設定やOfficeアプリのインストールを自動化することが可能です。

パソコン自動セットアップにより変わるPC運用

パソコン利用者変更や故障時の対応でも利用可能です。

従来のPC運用と比較し大幅にコスト削減

Windows AutoPilot 運用イメージ図

3

外出先での業務を実現するデバイスセキュリティの実装

~外出先での業務を実現するためのセキュリティ~

問題解決

データ煩雑化やパソコンの個人使用の問題の解決!

利用者とパソコンを紐づけたデバイス制限(Microsoft Intune)

Microsoft Intuneは、Microsoft 365 Enterprise に含まれるデバイス管理のクラウド製品です。

Microsoft Intuneで実装する
デバイス制限とは

パソコンを正しい利用者が、許可された権限、操作の範囲内で利用することが可能です。

人的ルール制限からシステム制限へ変更

許可された権限・操作の範囲内で利用するため、過失によるトラブルを防止します。

過失を未然に防止

利用者とパソコンを紐づけたデバイス制限 運用イメージ図

4

新しいコミュニケーションツールの導入

問題解決

チームコミュニケーションを円滑化し問題解決をスピードアップ!

Microsoft Teams

会社内、企業と企業、個人と個人といったサイバー空間のコミュニケーションは統一されていますか?
さまざまなコミュニケーションアプリがShadow ITとして利用されているかもしれません。思わぬところで情報漏洩のリスクも!
統一したコミュニケーションツールの利用は、メール文化からの脱却、コミュニケーションの円滑化、問題解決のスピードアップなど、多様な効果をもたらします。Microsoft Teamsには、それらを実現するための機能が数多く含まれています。

Microsoft Teams 運用イメージ図

このソリューションについて
問い合わせる

お客様の環境で実施するデバイス一元管理ソリューション検証サービス(PoCサービス)

Microsoft365で実現するデバイス一元管理ソリューションを、
企業様の実環境で検証するPoCサービスを実施しています。課題に合わせたカスタマイズも可能です。

実施イメージ

インターネットに接続できる環境をご準備頂ければ、すぐに実施が可能です。

PoCに必要なクラウド環境、疑似サーバ、動作確認用PCはサービスに含まれます。
オプションで、お客様のオンプレサーバーのAzure Monitorでの監視・運用と、
セキュリティ監査としてMcAfee MVISION Cloudによる可視化・監視を体験いただけます。

実施項目

初期導入
  • Windows 10 自動展開の実施
  • Officeアプリケーションの配布
  • 個別アプリケーションの配布
  • 更新プログラムの配布
  • 制御用ポリシーの配布
運用
  • クラウド側の故障対応用作業
  • クラウド側変更後の自動実行
  • オンプレ環境の運用監視

提供物

項目 内容 数量
Surface Go Surface Go LTE Advanced + カバー 5台
AD/AD Connector PC Box PoC期間中のPCBOX利用権 1
Microsoft 365 Enterprise Microsoft 365 Enterprise E5ライセンス 5
Azure 利用料金 PoC期間中のAzure利用料金 2ヶ月
マニュアル Azure AD構築内容およびIntune構築内容など 1式
結果レポート PoC実施内容をレポートとしてお渡しします 1式
報告会実施 お客様をご訪問し、レポート内容をご説明 1回

PoCサービスの流れ

このソリューションについて
問い合わせる