理想のIoTサービスをいち早く実現する クラウドAI・IoTソリューション Microsoft Azure

理想のIOTサービスをいち早く実現する
クラウトAI・IOTソリューション
Microsoft Azure
Cloud AI ・IoT ソリューション Microsoft Azure
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. クラウド AI・IoT ソリューション
    Microsoft Azure
  3. Azureのビジネス活用
  4. Azure CSPとは

Microsoft Azureでビジネスを始める

CSPとは

Microsoft Azure販売形態にはCSP(クラウドソリューションプロバイダー)と呼ばれるプログラムがあります。これはマイクロソフト社がパートナー経由でAzureを販売するプログラムです。

東京エレクトロンデバイスはこのCSPプログラムによりクラウドディストリビューターとして認定されており、Azureを利用したビジネスの展開をお考えの企業様(クラウドリセラーと呼びます)向けにAzureを販売するとともに様々な支援を行っています。

CSPプログラムの活用

東京エレクトロンデバイスとクラウドリセラー契約を締結いただくことにより、AzureクラウドサービスまたはOffice等のライセンス製品を再販価格でご提供します。利用料は月払いが可能で多くのサービスが従量課金制のため、一度にまとまった予算が必要なくスモールスタートが可能です。競合他社とビジネスモデルを差別化し、お客様との長期的な関係を構築することで、自社の価値を大きく向上させることができます。

CSPによる新しいビジネス展開:パートナー事例

グローリー株式会社 様

通貨処理機分野で世界トップシェアを誇る電子・精密機械メーカーのグローリー株式会社様は、既存事業にとらわれない新規事業開拓の取り組みとしてMicrosoft Azureをクラウドプラットフォームに採用した新しいソリューションビジネスの展開を加速させています。

詳しく見る

Azureライセンスプログラムの比較
  CSP
(Cloud Solution Provider)
オープンライセンス EA
(Enterprise Agreement)
オンライン
サブスクリプション
契約対象 法人のみ 法人のみ 法人のみ 全ての方(個人含む)
最少契約数 ユーザー数1以上 ユーザー数1以上 ユーザー数500以上 ユーザー数1以上
契約期間 いつでも解約可能 いつでも解約可能
(プリペイド利用期間:12か月)
3年間 いつでも解約可能
お支払方法 従量課金(後払い) 100ドル単位のプリペイド式 年間コミット額のプリペイド式 従量課金(後払い)
請求書の発行/申込 東京エレクトロンデバイス リセラー リセラー マイクロソフト
サポート 東京エレクトロンデバイス マイクロソフト マイクロソフト マイクロソフト

スクロールしてご覧ください。

CSP以外のAzure契約からの移行

クラウドリセラーは、Microsoft Azure のサービスを2つのビジネスモデルでご利用いただけます。

ダイレクトビジネスモデル
  • 自社でAzureサービスを利用
  • SaaSモデルでサービスをエンドユーザーに提供

詳しく見る

インダイレクトビジネスモデル
  • Azureサービスを再販
  • エンドユーザーごとにAzureの環境を提供

詳しく見る

CSPによるビジネス開始手順

  • 1.クラウドサービス販売店契約(クラウドリセラー契約)の締結
    東京エレクトロンデバイスと契約書を締結
  • 2.マイクロソフトパートナーネットワーク(MPN)への加入
    専用サイトでの手続き(無料)
  • 3.エンドユーザーへのサービス開始
    エンドユーザーのクラウドサービス申込書を東京エレクトロンデバイスに提出

お問い合わせはこちら

FAQ

日本マイクロソフトから直接購入したほうが安価なのでしょうか?
いいえ。金額が高くなることはありません。
クラウドリセラー契約に費用は掛かりますか?
本契約自体に費用は発生しません。
ご契約後ご利用になられた分のみ請求させていただきます。

よくあるご質問の一覧はこちら