クラウド時代に安全と新たな価値を創造する IoTセキュリティソリューション McAfee

クラウド時代に安全と新たな価値を創造する
IoT セキュリティソリューション
McAfee
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. McAfee
  3. McAfee製品紹介
  4. クラウドサービスリスク可視化・監視

McAfee MVISION Cloud(CASB/旧Skyhigh)

クラウドサービスリスク可視化・監視

クラウド上のデータや、クラウド用に開発されたソリューションデータを保護するクラウドセキュリティ対策

   

OEM

Enterprise

製品特長

製品特長の詳細

利用クラウドサービス可視化(シャドーIT対策)

  • ファイアウォールや SIEM、Web プロキシなど企業で導入されているさまざまな機器からログを集め、McAfee MVISION Cloudで解析
  • 20,000 以上のクラウドサービス と照らし合わせることで、従業員のクラウドサービス利用状況を可視化

機密データ保護

  • Office 365 などのクラウドサービスへ直接接続(API経由)することで、McAfee MVISION Cloudは「いつ」「誰が」「何の操作を」したのかをリアルタイムに監視
  • 従業員がクラウドサービスにアップロードした企業の機密データを外部の人に不正共有してしまうなどのセキュリティインシデントを、未然に防ぐ

クラウドへのアクセス制御

  • McAfee MVISION CloudとMcAfee Web Gateway(MWG)が連携することで、MVISION Cloudが作成したクラウドサービスのアクセスコントロールリスト(ACL)を、自動でMcAfee Web Gateway(MWG)設定

運用イメージ

運用イメージ

各リンク先

関連する製品は MWG、 をご参照下さい。

製品のさらなる技術詳細はMcAfee社Webサイト MVISION Cloud(CASB) をご参照下さい。