クラウド時代に安全と新たな価値を創造する IoTセキュリティソリューション McAfee

クラウド時代に安全と新たな価値を創造する
IoT セキュリティソリューション
McAfee
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. McAfee
  3. McAfee製品紹介
  4. ウィルス制御・駆除

McAfee Endpoint Threat Protection (ETP)

ウィルス制御・駆除

巧妙な攻撃からエンドポイントを効率的に保護。
ブラックリスト型セキュリティ対策製品

   

Enterprise

製品特長

製品特長の詳細

防御機能強化

  • 多層型の保護対策によって、マルウェアの検出・封じ込み・修復を迅速に実施。
  • GTIと連携することにより未知のマルウェアも検出可能。
  • クライアントファイアウォール、ボットネット、DDoS攻撃等の高度な脅威、危険なWebへの接続からエンドポイントを保護。

パフォーマンス向上

  • 信頼されたプロセスのスキャン優先度を下げて(スキップ可能)、不審なプロセスのスキャン優先度を上げることでパフォーマンスを最適化。

ユーザー利便性向上

  • 定期フルスキャンをアイドル時のみ実行に設定する等のポリシー設定により、定期業務への負担軽減。

連携性・拡張性向上

  • ePOを利用することで、他のMcAfee製品との連携が可能で、ON/OFFの設定のみで機能選択可能。
  • オプション機能:脅威情報活用(TIE)、AIでのマルウェア対策(Real Protect)、未知のマルウェア制御(DAC)

運用イメージ

運用イメージ

各リンク先

関連する製品は ePOATDTIESIEM、 をご参照下さい。

製品のさらなる技術詳細はMcAfee社Webサイト ETP をご参照下さい。