理想のIoTサービスをいち早く実現する クラウドAI・IoTソリューション Microsoft Azure

理想のIOTサービスをいち早く実現する
クラウトAI・IOTソリューション
Microsoft Azure
Cloud AI ・IoT ソリューション Microsoft Azure
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. クラウド AI・IoT ソリューション
    Microsoft Azure
  3. Azureについて
  4. Microsoft Azure
    とは?

マイクロソフトのクラウドプラットフォーム
Microsoft Azureとは

Microsoft Azureの概要

Microsoft Azureは、マイクロソフト社が世界的に展開しているクラウドサービスです。「AI+機械学習」 「データベース」 「コンピューティング」など様々なサービスが提供されており、利用者は必要な機能を選んで利用することができます。また、サービスの多くが使用量に対して課金される従量課金型であるとともに、柔軟なスケールアップ/ダウンが可能といったクラウドならではの特徴があります。

マイクロソフト社が企業向け製品の開発・販売で培った経験やノウハウを元に開発されていることから、企業利用に最適なクラウドサービスと言えます。特に、Windows Serverなどマイクロソフト製品との親和性が高く、現状のシステム環境からの移行もスムーズに行えます。

IaaS/PaaSとオンプレミス

Microsoft Azureでは、主にIaaS/PaaSに相当するサービスを利用することができます。IaaSでは、仮想サーバーやオンラインストレージなどのハードウェアリソースが、ソフトウェア的に分割されたサービスとして提供されます。PaaSでは、ユーザー企業が必要とするアプリケーション実行環境やアプリケーション開発環境が提供されます。従来型の自社でシステムを構築するオンプレミスと比較して、経済性、システムの柔軟性、構築スピードの速さなど、様々なメリットがあります。

またユーザーが所有する既存のオンプレミスとMicrosoft Azureを連携させ、システムやデータの特性に合わせて適切に使い分けるハイブリッド運用も可能です。更に、Office365等のマイクロソフト社が提供するSaaS型サービスと連動させ、効率よくシステムやサービスを利用することができます。

オンプレミス
  • アプリケーション
  • フレームワーク
  • ランタイム
  • ミドルウェア
  • OS
  • ハイパバイザ
  • サーバー
  • ストレージ
  • ネットワーク
IaaS
  • アプリケーション
  • フレームワーク
  • ランタイム
  • ミドルウェア
  • OS
  • ハイパバイザ
  • サーバー
  • ストレージ
  • ネットワーク
PaaS
  • アプリケーション
  • フレームワーク
  • ランタイム
  • ミドルウェア
  • OS
  • ハイパバイザ
  • サーバー
  • ストレージ
  • ネットワーク

Microsoft Azureで提供されるサービス

Microsoft Azureでは、多種多様なIaaS/PaaS、およびセキュリティサービスが用意されています。現在(*)は140種類上のサービスが提供されており、各ユーザーの目的に応じて必要なサービスを組合わせて利用できます。

最新テクノロジーを反映させたサービスが日々開発されており、最先端のサービスをいち早く体験することができます。例えばAI分野では、マイクロソフト社が構築したAI機能をAPIを通じて利用できる"Cognitive Service"、機械学習モデルのトレーニングから構築や管理を行える" Machine Learning Service"、ユーザーの画像データで独自の画像判断AIを構築できる "Custom Vision"など、ユーザーの環境や用途に合わせた各種サービスが幅広く用意されています。(* 2019年6月現在)

世界最大規模のデータセンター網

Microsoft Azure のサービスは、世界54リージョンの100を超える施設(*)にまたがる巨大でグローバルなデータセンタ網を通じて提供されます。日本国内においては、東日本/西日本の2カ所のリージョンがあり、国内だけでBCP(災害対策)が可能です。また日本国内でMicrosoft Azure のサービスを利用する場合、準拠法は日本法、合意管轄裁判所は東京地方裁判所が定められており、日本のユーザーでも安心して利用できます。(* 2019年6月現在)

Microsoft Azure の利用による経済性

Microsoft Azure で利用できるサービスの多くは従量課金となります。そのため発生する費用は、利用したサービス分のみに限られ、無駄が生じません。またオンプレミスと比較した場合、設備投資にかかる負担が不要で、初期費用を大きく削減できます。

更にそれまで部署や事業所毎に個別で管理していたソフトウェアやデータを、Azureによって一元管理することができ、保守作業を効率的に行って運用コストを低く抑えることができます。Azureサービスはいつでも解約可能で契約解除手数料もなく、始めやすいサービスとなっています。

柔軟性あるシステム構築

Microsoft Azure の豊富なサービス群から、ユーザーの目的に合わせた最適なシステムを構築できます。例えば仮想サーバーやファイルストレージなど、必要に応じて必要な容量だけを組込むことができます。また利用しているサービスの需要変動に合わせ、利用サービスのスケール調整も容易に行えます。大きなシステム負荷が予想される特別な期間だけスケールアップをする、社内利用がさほど大きくない週末だけスケールダウンをするなど、柔軟で効率的なシステム構築が可能です。