理想のIoTサービスをいち早く実現する クラウドAI・IoTソリューション Microsoft Azure

理想のIOTサービスをいち早く実現する
クラウトAI・IOTソリューション
Microsoft Azure
Cloud AI ・IoT ソリューション Microsoft Azure
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. クラウド AI・IoT ソリューション
    Microsoft Azure
  3. ソリューション
  4. 稼働状況の可視化
  5. adFactory

稼働状況の可視化

株式会社アドテック富士

「工場の見える化」を促すIoTツール

adFactory

手作業工程の作業支援、改善支援による品質向上、工数削減、直間比率向上を実現

タブレットを利用した 作業指示、手順表示、進捗の見える化、トレーサビリティ管理、日報管理、生産改善支援システムです。手作業工程をシステムで管理することにより、工程改善、管理コスト削減が可能です。

特徴

  • 作業の手順表示に従い、ワンタッチで順次確認し作業実施。それにより、作業状況・実績をシステムが把握。
  • 手作業工程の生産数、生産状況を進捗モニターにリアルタイム表示。事務所に居ながらにして状況把握。
  • 作業実績情報により、各作業者別、各工程別の平均作業時間等をグラフ化し工程改善を支援。

概要

~製造現場の手作業工程において、お困りございませんか?~

生産設備を用いた製造工程において、設備から情報を取得することによりIoT化を実現し、進捗の見える化、データ分析による生産改善が可能です。
一方、手作業の生産工程はいかがでしょうか?

  • 製造品の品質が向上せず、後戻り工数が発生。作業工数が削減できない。
  • 手作業工程の進捗状況がわからない。
  • 手作業工程において、計画の遅延理由の分析ができない。
  • 生産分析のため、ストップウォッチによる作業時間の計測が面倒である。
  • 生産性向上のための工程の改善サイクルを短縮したい。
  • 製造現場に、作業手順書、検査成績書、日報用紙等の紙があふれている。
  • 作業者が日報用紙に記入後、管理者が収集し、データ入力する必要がある。記入・収集・データ入力が面倒である。
  • 作業者が検査作業において検査機/測定器の数値を読み取り、検査成績書等に数値記入を行っている。記入作業に時間がかかり、記述ミスが発生している。

全て『adFactory』で解決できます!

adFactory概念図

作業者用ツール

手作業の生産工程において、作業者端末(タブレット/PC)を設置します。作業者が操作し、作業を行います。

作業の着手/完了報告
作業者が作業者端末上でカンバン(生産指示)を選択もしくはバーコードをスキャンし、生産開始します。作業完了時には完了ボタンを押します。
作業内容表示・標準作業時間のカウントダウン
作業者端末上に、作業内容が表示され、ワンタッチで順次確認し作業実施。写真/図面の表示も可能ですので、作業に不慣れの作業者でも作業をすることができます。その結果、作業現場で作業手順書が不要となり、ペーパーレスとなります。
検査結果
検査工程では、作業者端末上に検査項目が表示され、作業者は検査結果の入力や作業者端末上に検査機/測定器からの検査数値を取り込むことが可能です。それらの情報をトレーサビリティ情報として、adFactory上に保管されます。
作業中断/遅延の報告
作業中断/作業遅延が発生した場合は、作業者端末上でその理由を選択いたします。後日、工程の改善に役立てます。

進捗モニター

作業現場や事務所に設置し、各生産工程の状況を表示します。

状況表示
各工程・ライン全体の状況表示、生産数/計画数表示、各中断/遅延理由の件数表示、進捗時間表示を表示します。
計画・実績表示
生産予定時間が割り当てられたカンバンに対して、計画・実績を時間軸上に表示します。
呼び出し
作業者端末にて呼び出しボタンが押された場合、進捗モニター上で音が鳴り、呼び出された工程が表示されます。作業リーダーはその工程に駆けつけ作業支援をいたします。

管理者用ツール

管理者が各種データ登録/管理、作業実績出力、日報管理、帳票出力(検査成績書)、作業分析等を行います。

各種データ登録/管理
生産製品に合わせた作業工程(作業手順)・工程順を登録し、カンバン(生産指示)を発行します。
作業実績出力
各カンバンの作業実績情報(作業担当者、作業開始・完了時間、検査情報)を表示します。また、csv形式で出力することが可能です。他システムで取り込み、管理、データ分析することが可能です。
日報管理
各作業者の直接工数、間接工数の内訳を表示します。また、csv形式で出力することが可能です。他システムで取り込み、管理、データ分析することが可能です。
帳票出力(検査成績書)
事前にExcelファイルにて帳票のテンプレートを準備し、作業者端末上から得られた各種情報や検査結果情報を帳票として出力できます。これにより、作業工程にて、作業中に帳票に記入、捺印する必要がなくなります。
作業分析
作業実績情報に基づき、各種データをグラフ化いたします。同一工程における作業者別平均作業時間、各工程における平均作業時間等をグラフ表示し、工程の改善支援いたします。

こんな課題を解決

効果

製造品の品質が向上せず、後戻り工数が発生。作業工数が削減できない。
手順を明確化し、adFactory作業手順表示による品質向上。目標タクト表示による作業時間の意識付け。
手作業工程の作業進捗が分からない。作業現場で確認する必要がある。
タブレット上の手順表示に従い、ワンタッチで着手・完了を報告することにより、進捗モニター上で進捗表示。
工程改善の分析のため、管理者がストップウォッチを用い、手動で計測する必要がある。
着手・完了情報により、個々製品の各工程の作業時間を自動取得し、グラフ化。改善サイクルを短縮可能。

主な利用分野

工場内の手作業工程の電子化(ペーパーレス化)による効率化、情報分析

導入までの流れ

下記ボタンよりお問い合わせください。adFactoryの資料送付またはご説明を致します。また、株式会社アドテック富士には機械等の製造工場(愛知県岡崎市)があり、その現場で実際に運用しているadFactoryを工場見学にてご紹介可能です。

adFactoryの
お問い合わせはこちら