理想のIoTサービスをいち早く実現する クラウドAI・IoTソリューション Microsoft Azure

理想のIOTサービスをいち早く実現する
クラウトAI・IOTソリューション
Microsoft Azure
Cloud AI ・IoT ソリューション Microsoft Azure
  1. IoTトータル
    ソリューション
  2. クラウド AI・IoT ソリューション
    Microsoft Azure
  3. ソリューション
  4. 装置の故障予知
  5. ToamiAnalytics

装置の故障予知

集めたデータを価値あるものに

ToamiAnalytics

収集したデータに対してAI・統計的手法ソリューションを利用し、お客様の業務課題の解決を実現

特徴

  • 分析工程の明確化
  • 周辺システムの組み込み
  • ビッグデータ活用を後押しするソリューションとの柔軟な連携

概要

ToamiAnalyticsが提供する価値

  • データは蓄積されているけど、どのように分析したらいいのかわからない。
  • 予知保全をしたい。だけど実現方法がわからない。
  • とにかく、データを活用して付加価値をつけたい。

そんなお客様に対して、弊社ではデータの収集から、加工、分析モデルの生成・評価、周辺システムへの連携まで、お客様のデータ活用をトータルでサポートするサービスが「ToamiAnalytics」です。

ビックデータ分析AI ToamiAnalytics の特長

「目的を実現するために必要なデータ」の選定や「必要なデータの収集方法」のセンサー提案から、分析モデルの組込み、展開、サポートまでワンストップでご対応いたします。

  1. 分析工程の明確化
    確実なデータ活用には分析工程をご理解いただく必要があります。そのためブラックボックス化を極力抑え、分析工程の内容を丁寧にご説明いたします。
  2. 周辺システムへの連携
    長年のシステム開発ベンダー経験と実績を基に、作成された分析モデルの組み込みも、ワンストップで対応いたします。
  3. ビッグデータ活用を後押しするソリューションとの柔軟な連携
    IoTプラットフォームであるToami との親和性が高く、シームレスな分析結果の連携が 可能です。また画像分析AI、ToamiVision シリーズのサービスを取り込むことにより、スピード感のある導入や安価な費用での対応が可能となります。

なぜToamiAnalyticsを選ぶのか

  1. 独立系企業のため、提案ツールの縛りはなく、多数のツール候補からお客様の用途や目的に応じて最適なツールの組合せをご提案できます。
  2. 特定のIoT プラットフォームにとらわれることなく、お客様の環境に合わせクラウドorオンプレミスのどちらでも対応が可能です。
  3. システム開発ベンダーとしての50 年以上にわたる開発実績と経験を基に、作成した分析モデルの組み込みも、WEB システムやアプリ、FPGA などの組込み系デバイス含め、ワンストップで対応いたします。システムとして組み込まれる事で継続的なデータ活用を実現します。
  4. 4つのプランをベースにお客様のニーズに合った分析・料金プランを選択可能になっております。

ToamiAnalyticsの分析事例

IoT・センサー系事例

こんな課題を解決

効果

メンテナンス箇所を判断したいが製造装置は大量部品から成り立っており、故障箇所を判断することは非常に困難
製造装置に設置された各センサー間の関係性の崩れ方から故障箇所を予測することで予知保全が可能

画像系事例 ①

こんな課題を解決

効果

目視での検品作業では、見落としのリスクや集中力の低下に伴う作業効率の低下等の問題がある
AIによる物体検出を行うことで、検品内容の不良品判別をできるため、人件費の削減・作業効率の向上

画像系事例 ②

こんな課題を解決

効果

農作物の病害判別は今まで作業者の目視確認のため、作業者の熟練度による差と作業時間がかかる問題がある
AIにて病害の進度、箇所を可視化することで熟練者ではなくとも病害検知可能になる

価格

  • フィジビリティスタディプラン:200万円~
  • フィジビリティスタディ分析モデル生成プラン:400万円~
  • フィジビリティスタディ分析モデルシステム化プラン:700万円~
  • 運用プラン:10万円/月~

主な利用分野

  • 工場内の製造装置の予知保全
  • 出荷品の検品・品質検査作業における不良品判別・品質予測
  • 過去の実績データと外部情報から需要や売上などの未来予測
  • 画像上の物体の位置や個数の検出、不良品判別

導入までの流れ

ToamiAnalyticsの
お問い合わせはこちら